ホーム / 

スタッフダイアリー

スタッフダイアリー聖闘士星矢30周年展

FC事業本部のカキモトです。


弊社で「聖闘士星矢」の原作者である車田正美先生のオフィシャルサイトを運営しているのですが、
その「聖闘士星矢」が誕生から30周年を迎えました。

聖闘士星矢は1985年12月より「週刊少年ジャンプ」で車田正美先生原作漫画の連載が開始されました。


その聖闘士星矢の誕生30周年を記念した企画展が6月18日(土)~6月29日(水)の日程で
秋葉原UDXにて「聖闘士星矢30周年展 Complete Works of Saint Seiya」として開催されていたので行ってきました。
大変多くの方が来場されていて、入場待機列で1時間以上でした。




聖闘士星矢は1985年12月より「週刊少年ジャンプ」で車田正美先生原作漫画の連載が開始されました。
その聖闘士星矢の誕生30周年を記念した企画展の開催でした。

何とな~く年齢がばれてしまいますが、ジャンプで連載されている時から読んでいました。
いろんな漫画を読んだり、アニメを見たりしてきましたが、
漫画としてもアニメとしてもこれまでで一番好きな作品です。



入場してまずは原画コーナー。
ここは撮影不可だったので、しっかりと目に焼き付けてきました。
大好きなキャラクターの原画前では、泣きそうになって必死に涙をこらえましたが。

私はその後にも予定があったため1人で行ったのですが、
友人やご家族と来場されてた方々は原画を観ながら「このシーンは…」などと語り合っていたので、
私も友人とスケジュール合わせて行けばよかったなぁ…と少し後悔。

でも自分のペースで見て廻れたので、それはそれでよかったです。



またこの企画展では、黄金聖闘士(ゴールドセイント)12体の等身大立像が展示されました。
12体並んだ黄金聖衣(ゴールドクロス)は圧巻でした。




※聖闘士星矢で黄金聖衣と言えば、象徴的なのは射手座(サジタリアス)。



歴代のフィギュアなども展示されていて、技術の進歩なども見比べることができました。
私の大好きなキャラクターである黄金聖闘士・魚座(ピスケス)のアフロディーテで見てみましょう。


1987年に発売されたフィギュアはキャラクターの顔が全く別人ですね(笑)
2013年に発売されたフィギュアはキャラクターの顔も再現されてますし、
全体的にスマートになっています。
また細部まで再現されています。



学生と見受けられる方や外国の方々も多く来場されており、
聖闘士星矢の年代・国を超える人気を再確認しました。





※因みに2012年に石ノ森章太郎ふるさと記念館での
「聖闘士星矢Ω展~聖闘士星矢Ω 新世代の聖闘士達~」を訪れた際のスタッフダイアリーはこちらです。