ホーム / 

スタッフダイアリー

スタッフダイアリー春の到来とともに強行軍

アジアコンテンツ事業部のホンギです。

暖かい春になると、韓国のアーティストたちがイベントのため続々来日します。
毎年3月を皮切りにゴールデンウイークまでイベントが徐々に増えていく感じですが、
去年7月に設立した(株)THE STAR JAPANにて公式ファンクラブを5つも立ち上げたこもとあり、
今年は運営中のアーティストのイベントが3月に集中し、うれしい悲鳴(?)を上げることに…

会場で入会促進プロモーション、もしくは取材・コンテンツ撮影を行ったイベントは以下の通りでした。


「K.will」
3月3日神奈川県民ホール
3月5日NHK大阪ホール

3月初めのイベントはTHE STAR JAPANの株主でもある韓国のTHE STAR ASIAが企画したイベントの上、
ファンクラブを移管してから初めてのK.will来日イベントであったため、非常にプロモーションにも力を入れました。
リニューアルした会員証と入会グッズも気に入って頂いて、ファンの方からも元気をもらいました。


「VIXX」
3月10日オリックス劇場
3月12日アイプラザ豊橋
3月17日幕張メッセ

FCブースを運営しながら舞台裏の密着映像、終演コメントを撮ったりととてもバタバタしたイベントでした。
FCサイトのリニューアル準備も重なっていたため、スタッフみんな疲労困憊になりながらも何とか乗り越えたもので、
いろんな意味で勉強になったイベントでした。


ステージから観客を後ろにメンバーと記念撮影をするシーンで、ビデオ撮影のため着用した公式パーカー。
チームVIXXの気持ちをより一層感じさせたアイテムでした。



「April」
3月20日品川インターシティホール
6人体制になってから初めての来日ファンミーティングでした。
既存メンバーの円熟味と新メンバーの初々しさが相まっていい味を出していました。
歌もいいダンスもいいルックスもいい。新生April、ぜひチェックしてみてくださいね!


「リュ・シウォン」
3月21日横須賀芸術劇場
3月23日神戸国際会館

毎年春恒例のリュ・シウォンFANMEETINGが今年は横須賀と神戸で開催されました。
シウォン節は今年も健在で、3時間半あっという間に過ぎちゃいます。
しかも、イベントの構成はゲームや歌ではなくトークがほとんど!
リュ・シウォンモバイル会員の方々はガラケーの割合が多く、スマホにも慣れてない方が多いため、
プロモーションの内容もよりわかりやすい必要があり、親切な説明も欠かせません。
イベント会場には常時モバイルブースが立つと楽しみにしているファンの方々の期待に今後どう応えるべきか
課題を持ち帰ったイベントでした。

「ソ・ガンジュン」
3月25日舞浜アンフィシアター
俳優5人組で構成された5urprise(サプライズ)のリーダーで、若手俳優の中で抜群の人気を誇っているソ・ガンジュン。
予想を超える人気で、さっそく6月の神戸でのファンミーティングも追加になりました。
「ザ・イケメン」ともいえるルックスとファンへの神対応でますます人気急上昇中です。
今月27日には同じグループの末っ子コンミョンの単独ファンミーティングも予定されているので、
会場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

「ソ・ジソブ」
3月27日舞浜アンフィシアター
3月28日舞浜アンフィシアター

1年半ぶりに新しいミニアルバムを引っ提げて来日した俳優(歌手ではありません)ソ・ジソブ。
ヒップホップ愛が止まらなくて始めたヒップホップアーティスト活動も6年目に突入して、
貫録を感じさせるようになりました。
ファンの方々も俳優としてのソ・ジソブとヒップホップアーティストとしてのソ・ジソブを
両方楽しめるイベントとして毎年楽しみにしています。
去年は映画の撮影のためイベントが開催されず悲しんでいた分、気持ちを爆発させた二日間ではないでしょうか。
アンフィシアターの円形ステージがとても似合ったイベントでした。

FC・モバイルに寄せられたメッセージからも感じ取れてはいますが、
いざ会場で直接伺うと、頻繁に来日することができない海外のアーティストだけに、
アーティストに会えるその少ないチャンスにかけるファンの方々の気持ちがとてもよく伝わってきます。
そのお気持ちにできる限りきちんとお答えできるように日々考えに考え、
より良いサービスを提供できるようにより頑張ります。

5月から夏にかけて各アーティストの来日予定が続々埋められていて今年も熱い夏になりそうですが、
ファンの方々のお気持ちを背負ってより頑張りたいと思います。
会場でまた会いましょう!