ホーム / 

スタッフダイアリー

スタッフダイアリーdeepでVIPな夜

クリエイティブ事業部デザイナーのtagapです。

唐突ですが私の長年の相棒をご紹介。


iPod nano!第2世代(多分)!
懐かしいを通り越して見たことないわという方もいるのではないでしょうか。
ちなみにnano自体2017年に発売終了しております・・・。悲しい。

長年の相棒とは言いましたが、
部屋を片付けていたらぽろっと出てきて充電したらまだいける!
こりゃいい!ということで再びタッグを組んだというのが事実です。
中身は学生時代に使っていたものほぼそのままで、データには曲以外に卒論も入ったまま。
再び使い始めた当初は、タイムカプセルのように何の曲が入っているかなと見て聴いてがとても楽しくてワクワクしたのを覚えています。

もちろん、新しいアーティストや曲を仕入れて聴くのも好きですよ!
犬かキャットかで死ぬまで喧嘩したりしなかったりする方々とか個人的にはイチオシしてるんですが、それはいいとして。
何年たってもやっぱり好きだった曲は好きなままなので今でもこのnanoちゃんを聴いています。

その中に入っているアルバムのひとつが



空はまるで/MONKEY MAJIK

2007年発売アルバム。ここでも私のnanoちゃんの年季もわかっていただけると思います。
当時CMソングで空はまるでを聴いた私は、澄んでいて素敵な歌声だなと思ってこのアルバムをnanoに入れたのでした。
そしてそのアルバムを2018年の今も変わらず聞かせて頂いているわけですが、

実はそのMONKEY MAJIKさんのファンクラブサイトを弊社で運営させて頂いております。
【フィーチャーフォンサイト】http://monkeymajik.com
【スマートフォンサイト】http://sp.monkeymajik.com

そしてそして、そのMONKEY MAJIKさんは2018年3月21日(水・祝)にニューアルバム「enigma」をリリース!
その記念にファンクラブ限定でLIVEツアーを敢行。弊社も完全サポート体制です!

その名も「FAN CLUB LIVE 2018~VIP NIGHT with MONKEY MAJIK vol.4~」

今回はそのLIVEにお邪魔してきました!
声をかけてくれたディレクターに感謝です。

場所は東京キネマ倶楽部。
鶯谷。趣のあるディープな街。それが鶯谷。



哀愁漂う鶯谷の歩道橋まで延びた列。
たくさんのファンの方々が心躍らせながら入場を待っている姿が印象的でした。

今回、私は2階の席から拝見させて頂けるとのこと。
そのため、ご本人たちとファンの方々、スタッフさん(特に弊社ディレクター)の動きをよく見ることができました。

私自身、エンタメが大好き!ライブにめっちゃ行く!〇〇が大好きで追いかけてます!!
といったタイプではなく、ご縁あってエムアップに入社してからアーティストさんとファンのつながりというものを少しずつ勉強させて頂いています。
実際にこういったファンクラブイベントに参加するのは初めてだったので、このポディションからLIVEを見させて頂けたのはとてもラッキーでした。


結論から言いますと、

最高!

ということ。これにつきます。

LIVE内容全てを書き起こしたいくらいなのですが、
そうも言ってられないので、観客目線、仕事目線に分けて書いていこうとは思います。

まず、観客目線で。
曲や歌のことを私がああだこうだいうのはおこがましいのですが、
本当にどの歌も素敵で澄んでいてかっこいい!
歌声はもちろんのこと、サウンドが凄くいいんです。
サウンドとかいうと音楽通ぶってるようですが、私も今回初めて使ってみたので許してください。
他に良い表現方法がわからないので通ぶってるように思われようが使用します。正しく使えてるかな・・・。
とにかく歌じゃない部分も素敵すぎるんですわ、これが。通ぶらないで言うとこうですかね。

個人的には、ニューアルバムにも収録されている『A.I. am Human』のClap Your Handsな感じが特に好きで、
この曲を生で聴けたことにクーッときていました。

LIVE自体は、こんなに聴かせてもらっていいんですか?と思うくらいの曲数で、
もちろん、ニューアルバム収録曲も何曲か披露。
しかも新曲はこのファンクラブLIVEツアーで初披露しているとのこと!
これはファンの方々にはたまりませんね。

またまた個人的なことですが、
アンコールでは、私がMONKEY MAJIKさんに最初に出会ったアルバム収録曲の「Change」と、
ニューアルバムの曲が合わさって、とても感慨深いというか興奮していました。
かっこつけた言い方をすると、私の中で時を超えて繋がったという感じです。

---------------------------

次に仕事目線で。
ちゃんと俯瞰して見れていたらいいのですが・・・。

まず、ファンクラブイベントのLIVEってどんな感じなのだろう?から始まった私の問いなわけですが、
一番感じたことはファンの方々がMONKEY MAJIKさんを大好きなのはもちろんのこと、
ご本人たち自身もファンの方々のことを想っている・大切にしているというのがひしひしと伝わってくるということでした。

そう感じた場面が多すぎるので羅列してみます。
・親子席がある
・事前に集めた曲のリクエストに応えてくれる
・その場でのフリーな質問を受け付ける
・演奏中にめっちゃ近く来てくれる
・めっちゃピックくれる
・ドラムのスティックも投げちゃう
・当日誕生日だったファンの方を歌で祝ってくれる
・帰りはメンバーがハイタッチでお見送りしてくれる

ファンクラブイベントでは普通のことなのかもしれないですが、
私はこういうイベントが初めてなので、アーティストとファンの距離感がとても近くて素敵だなと思っていました。

フリートークでも人柄が出ていて、飾らない素敵な方々で曲と同じだなぁという印象を受けました。
こういうところでも長年ファンの方々の心をグッとつかんでいるんだろうなぁとほんわりして見ていました。


本当に楽しいLIVEで、
こんな私ですら語っても語りきれない!となっているのですから、
もっともっとMONKEY MAJIKさんを長年応援し続けているファンの方々にとっては忘れられないくらい素敵なVIP NIGHTだったに違いありません。

また、LIVEの最後に運営の方がお話ししていたことで印象的だったことがあります。
新曲のお披露目はまずファンクラブの方々にしたい!という希望が今回実現したというお話でした。
それはご本人たちに取ってもファンの方たちにとっても本当に嬉しことだと思います。
その両者の気持ちを合わせるお手伝いを私たちはしているんだと思うと、
この仕事はとても面白いなと思いましたし、とても大切な役割を担っているのかもしれないとも感じました。

前述したように私はエンタメがバリバリ好き!といったタイプではありませんでした。
なので、こういったアーティストさんとファンのつながりといったものの実感があまりなく、自分ごととして考えられていなかったのかもしれません。
ですが、今回のようなLIVEを拝見させて頂くことで、今まで知らなかった新しい感覚や新鮮な気持ちを知ることができますし、学ぶことがたくさんあります。

今回、実際にアーティストさんとファンの方々の結びつきを間近で見ることができてとてもいい経験になりました!
この経験はサイトのデザインや動きを作る上でも活きてくると思いますし、いい刺激になったと思います。ありがたい限りです。

deepでVIPな夜でございました。




enigma/MONKEY MAJIK
ノリノリになれたり、しんみりしたり、心動かされる素敵なアルバムなのでぜひお聴きください!

そしてそして!今回のようなファンクラブ限定のイベントや情報もあったりしますので、
弊社運営のファンクラブサイトものぞいて見て頂けたら嬉しいです!
【フィーチャーフォンサイト】http://monkeymajik.com
【スマートフォンサイト】http://sp.monkeymajik.com