ホーム / 

スタッフダイアリー

スタッフダイアリー電子出版EXPOに行ってきました

デジタル出版課の坂井です。

電子書籍業界が大小さまざまな話題を提供する季節、それが7月です。毎年恒例の「電子出版EXPO」という大規模なイベントが今年も7月初旬に東京ビッグサイトで開催されましたので参加してきました。



2014年に電子書籍市場が1000億円を超え、これからも成長が見込まれる分野ということで新規サービスや新たな技術など見ているだけで刺激を受ける展示が多く、ビジネスのチャンスになるものはないかと時間の許す限り会場を隅々まで歩き回ってきました。

今年の特徴としては、同時開催されている東京国際ブックフェアと電子出版EXPOの垣根がどんどんなくなってきたなという印象を受けました。大手の電子書店が国際ブックフェアに出展したり、逆に紙の印刷屋さんが電子書籍のオンデマンド印刷事業で電子出版EXPOに出展したり、出版という大きな括りの中でシームレスになっており過渡期に入ったなという印象です。

個人的には電子書籍分野におけるパイオニア的な企業であるボイジャー・萩野社長のファンなので、スピーチが聞けて大満足でした。1992年から電子書籍に携わってきただけあって、その思想哲学には一本筋が通っています。現在の世界共通ファイル規格であるEPUBが誕生する前、何度も電子出版で挫折しかかったという同社が得た教訓は、そのまま現在の電子書籍に活かされています。

○できるだけシンプルに虚飾を排すこと
○機種に依存することなくどんな環境でも閲覧できること
○世界の共通性に基づきいつまでも残る出版データであること
(会場で無料配布していた小冊子・ボイジャー発行『私自身のための出版』より引用)

萩野社長はこの教訓を「電子書籍における憲法のようなもの」とおっしゃっていました。エムアップは電子書籍を初めてまだ5年程度ですが、この考え方に激しく共感します。

端末の性能によって見られないユーザーが出てきたり、書店のサービス終了によって購入した書籍が見られなくなることなど、あってはいけないのだという極めてフラットな考え方です。そうでなければ、ユーザーにそっぽを向かれて消えていくだけです。

エムアップの電子書籍事業の方向性は間違っていないか? どちらの方向に進むべきなのか? 7月初旬は年に一度、そんなことを自問自答する季節です。

スタッフダイアリー3連休!!

こんにちは。
EC事業部の赤尾です。

7月18日~20日の3連休は実家の滋賀県に帰省いたしました。
だいたい1カ月に1度の周期で実家には帰っているので、久しぶりだな~という感じは全くないのですが(笑)

何度帰ってもやはり空気はおいしいなと改めて感じます…

いつもは新幹線で品川~京都まで真っすぐ帰るのですが、
今回は大阪に寄って行こうと思い新大阪まで足を延ばしました(^v^)ノ

凄く懐かしく、前住んでいたアパートを見ると若干…若干ですが、大阪帰りたいとホームシックになりました(笑)

そして大阪はあまり来れないので今回は昔行った事がある所を含め、がっつり観光をしてきました!!

まずは世界の大温泉!!!スパワールドに行ってきました。

ここでは、新世界で串焼きを食べた後、運動をしようとノリで入った為、写真をとっていません…
ですが、大阪に行かれた際はプールも入れて、尚且つ大阪ならではのど派手な温泉も入れるので
ご飯を食べた後運動がてらに是非行って色々と体験してみて下さい。

二か所目は大阪城に行きました。



大阪城は天正11年(1583)に豊臣秀吉が、石山本願寺跡に築いたのが始まりで
天守閣はその2年後に完成したとガイドさんに教えて頂きました。

大阪城は中心部に近いのでバックにビルが建っていると時代の流れは凄いな~と
いつも感心させられます。

今回は天守閣には登らなかったですが、次時間がある時は是非登ろうと思います!

そのあとは、阪急電車で京都まで戻り、実家のある滋賀に帰りました。
実家では母、父、兄とともに「源氏物語」作者である紫式部ゆかりの花の寺
また家の近所でもある石山寺に行ってきました!

春は桜、秋は紅葉などなど四季折々で花が咲くため花の寺というそうです…
観光季節は本当にお客さんでいっぱいな為、空いている時に
いつでも来れたなんて贅沢な場所に住んでいたんだな~と今になってようやく有り難く思えます…

石山寺を一通り観光した後は父の車で琵琶湖が見れる浜大津という場所に行ってきました。
丁度夕方だったという事もあり、とても綺麗な景色を納める事が出来ました!!





久々に琵琶湖を見ると落ち着く+やっぱり滋賀は良いなぁと実感いたしました…

この3日間で心身ともにリフレッシュができたので、気持ちを新たに切り替え仕事を頑張りたいと思います!

スタッフダイアリー入社して2ヶ月・・・ワタシ、こんなことを面白いと思った!

5月に入社し、キャラやアニメをデジタルコンテンツとして世の中に配信する素敵な部署、
コンテンツ事業本部に配属された、阿部です!

元々はライターをしていて、主にメールマガジンとか書いてました。

そんな私が経験した、当社ならではの「面白いなー」と思った、
2つのことをご紹介します。



①自分でプロデュースしたキャラが動く、しゃべる!

私は、マチキャラというスマホや携帯電話の画面の中を自由に動き回って、
メールや電話の通知をしてくれるキャラを作っています。

本当にラフ程度なんですが・・・

例えば、こ~んな風に書いたキャラも、





こ~んなイイ感じにしてくれます!(当社デザイナーが)



ちなみに、なんでこのキャラが生まれたかと言いますと、
卵を割ろうとパックから取ったら、手が滑って落としてしまって、
掃除やら何やらで落ち込んでた日があり・・・
そんなことを思い出したある日、卵・・・落ち込む・・・ということで、
このキャラが誕生したのです!

最初は、自分の案がコンテンツになるなんて!と思って恥ずかしがってたんですが、
今では「もっとこうしたら、ユーザーニーズにマッチするのでは!?」など、建設的な意見も提案できるようになりました。

これからも、どんどん可愛いキャラ、ちょっと気持ち悪いクセになるキャラとか
配信していきますので、ぜひ見に来てください★

私がコンテンツ案出しから更新までしているマチキャラサイト『マチウケキャラspとり放題』がコチラ






②「今日、○○さんの収録なんだけど・・・」
日常業務でテレビやアニメの中でしか知ることのなかった人の名前が出てくる。




本当に日常的に出てくるので驚きます。
収録とは主にしゃべってキャラの音声収録のことです。

しゃべってキャラとは
ドコモのしゃべってコンシェル「しつじのひつじくん」を好きなキャラクターに変更すると、
キャラクターや有名タレントのオリジナル音声で情報検索をしてくれたり、楽しく会話もできちゃうサービスになります。

「え、今さらっと言ったけど、有名人じゃないですか!」みたいな。

テレビやアニメでおなじみのアノ人に…まだまだドキドキしてしまいますが、
いつか私も慣れる日がくるのでしょうか…。



私が担当する、しゃべってキャラサイト『しゃべってdキャラとり放題』はコチラ


余談ですが社内ではマンガやアニメ好きも多く、
おもしろいマンガや、これから流行りそうなマンガなど、
自然に共有や貸し借りが行われ、「コレは来る!」と思った作品については、
すぐにコンテンツ化に向け、準備がはじまるとてもユニークで刺激のある環境です!





日々、色々な方々に支えられ、すくすくと成長しております。
そして、毎日、驚きと面白さの中で頑張っています!


これからも、何か凄いことがありましたらご報告しますので、お楽しみに!

スタッフダイアリー光と音楽の祭典!

前回、COLOR RUNというランニングイベントに参加したFC事業本部の加藤です!

今回は「音」×「光」で楽しむランニングイベントで、その名も「DJ KAORI presents Lightning DASH!」
DJ KAORIさんはじめ有名なDJの方達のステージの模様を会場内すべてのエリアでリアルタイムで聴きながら走ることができ、
PIKABONという光るブレスレットを付けたり、コースの中に光るものがところどころ置いてあったりと、
目で見ても楽しめるイベントでした!


コースを簡単に説明すると



のようなバブルスペースがあったり



ミストや光のオブジェなどがある約4kmのコースを走ります。(私はほとんど歩いていましたが...)
参加する皆さんは蛍光塗料で顔や体に落書きしたり、参加賞としてもらえるTシャツをリメイクしたり、
グループで服をお揃いにして走ったりと自分たちなりに楽しさをさらに見つけることも可能です!
私も縁日などでよく見かける光るブレスレットとイヤリングを付けて走りました!


そしてゴール部分にはステージがあり、DJの音楽に合わせて大合唱!
私は明るいうちにスタートしたので、だんだんと暗くなる会場を見つつ、さらにこの日は本当に天気が良かったので、
キレイな夕焼けもばっちり撮れました!



そして、どんどんクライマックスに向けて会場が盛り上がる中、
CTSさんのDJタイムにキマグレンのKUREIさんがサプライズゲストで登場してくださって大ヒット曲「LIFE」をみんなで大熱唱!




私も大熱唱してるところを撮られました(笑)

DJ KAORIさんのステージも盛り上がり、今年第一弾の野外フェスという感じで1日中楽しめました♪

次回はバブルランという1枚目の写真のようなランニングイベントに参加する予定です!

スタッフダイアリーLet's swim!!

クリエイティブ事業部Aです。
夏がきたー!!
ということで、プールに行ってきました!

しかし行ったのは、流れたり、滑ったりしない、
ただひたすら泳ぐ…プールです。

先日、健康診断の結果を受け運動の重要性を悟った私は、
フィットネス水着を買いに行きまして…
人間、動かないとだめですね。




今回は、近所の小学校のプールに。
一般にも開放されていて、区民だと400円!
きれいだし、屋内・温水なので気持ちよく使えます。

家で区民利用券を探してみると…
期限が10年前に切れていました。
かなりプールとは距離をおいていたみたいです。


準備運動をし、いざプールへ!


水に入ると…

気持ちいい!!
なんでずっと来なかったんだ!
最高!!

なんてことを考えながら、
ひとりテンション高く泳ぎ始めました。


しばらくすると、小指に痛みが…

つった!!
いてぇ!!!

平泳ぎ中断です。
水に浸かりながら治るのを待ちます。

ふぅ…治った!
次はクロール…

いたい!


また、つりました。
準備運動、足りなかったのかな…
運動不足だな…


と、とりあえず、水の中をウォーキングすることに。
これって意外と大変なんですね。
コツを掴むまでなかなかうまく進めませんでした。


しばらくそんなことをしていると、足も調子を戻し
また平泳ぎとクロールを交互にひたすら泳ぎます。

ところで、クロールってどうしたら息つぎの時に耳に水が入らないのでしょうか?
毎回、水がなかなか抜けなくて困っています。
今回も次の朝を迎えるまでボアンボアンしてしんどかった…


1時間くらい泳ぎましたかね?
最初から飛ばしすぎると続かないのでその日はそのくらいにして切り上げました。

水から上がる時の重力受けてる感も久しぶりですね。
ふぅ…疲れた。


プールを出ると、雨がしとしと降っていましたが
運動をした!という充実感で気持ちは晴々です。



夜なので、あんまり晴々しい写真じゃないですけど


今度はジムのプールにも行ってみようかなと思っています。
当社は関東ITグループの保険に加入していて、
その福利厚生でいくつかのジムをかなりお得な価格で利用できるのです!
去年の始めの頃は、それを利用し通っていたのですが…
怠けていたらそのまま健康診断の結果に出たというわけですね。
…反省。

これからは、ごはんも気を付けたいところです。
昼食は会社の近くのお惣菜弁当屋さん。
ラーメン・パスタ大好きですが、頻度を落として行こうと思います…




何事も身体が資本!
健康体で、仕事にも遊びにも取り組めるように頑張ります!

スタッフダイアリー鬼怒川保養所の想い出

こんにちは、CS課・マエダです。

弊社には沖縄と軽井沢と鬼怒川に保養所があります。

今年は鬼怒川の保養所も利用させてもらったので、今日はそちらの話をさせていただきます。

鬼怒川の保養所は、建物の中に温泉がついているので家族や同性の同僚や友達といって
のんびり過ごす社員が多いです。

普段平日はあわただしく仕事をしていることが多いので、温泉につかりながらゆ~っくり話が
できる時間ってすごくいいですよね。

さらに鬼怒川からの駅から徒歩圏内(10分かからないぐらいの近さ!)ということもあって
「特急スペーシア」や「東武特急きぬ」で都内からのアクセスもとても便利な場所にあります。
会社のある渋谷からも2時間ちょっとというお手軽な距離!!

それもあって、電車で出かける社員が多いのですが、今回は運転好きな夫の希望で車で
行ったので、車で行ける鬼怒川保養所付近の観光を堪能してきました。


さる!猿!サル!
…ではなくて「見ざる、聞かざる、言わざる」でお馴染の三猿がいる日光東照宮。
車で20分ちょっとぐらいで行けます。
とても広い&ちょっとした山になっているので、お参りや史跡も見学しつつ
スニーカーで行ってたくさん歩いて、森林浴を堪能してきました。



名物のゆば蕎麦、美味しい!

翌日は、日光江戸村まで足をのばしてきました。

誰でも忍者になれます!
実際、看板で写真を取る以外にも手裏剣投げ体験や、弓矢を射る体験ができたり
江戸時代のお祭りに参加したり、いろんな体験ができます。


着ものを借りて着ることもできます!
※夫は社外の人間なので顔を伏せております
外国人の方が多かったので国際交流も出来ちゃうし、思っていた以上に楽しくてオススメです!

あまりにもゆったり楽しすぎて2泊してしまったのですが、徒歩圏内にもかの有名な「ホテル三日月」があったり、
駅前~保養所までの間に、美味しいイタリアンピザのお店や、お洒落なバーなんかもあって
すっかり鬼怒川ファンになってしまいました。

当社では、同じ部署内の親睦を深めるために保養所を使う場合の補助や優遇もあります。
保養所があるだけではなく、こういった福利厚生を会社が用意してくれているのに
使わない理由はないハズ!!
今度はぜひ同僚や後輩たちと一緒に行きたいと思います♪

スタッフダイアリー「LUNATIC FEST.」

6/27.28幕張で開催されたLUNA SEA主催した“史上最狂”のロックフェス「LUNATIC FEST.」へ行ってきました。

LUNA SEAの結成25周年の最終章として、LUNA SEAが主催し、先輩・同年代・後輩のバンドが多数出演。
MOON・SHINE・FATEとLUNA SEAの曲名が付けられた3つのステージが会場に設置され、2日間に渡り史上最狂のライブを披露。
今回のフェスのテーマでもある史上”最狂”に個性的で、史上”最狂”に豪華なバンドたちが集ったフェスでした。

今回の出演バンド


それでは1日目の様子からお伝えいたします。

6/27「LUNATIC FEST.」1日目

開場直後の入場の様子


フェスの開幕を飾るオープニングアクトは・・・「LUNACY」
「LUNA SEA」結成当初のバンド名「LUNACY」として登場。
「LUNACY」を一目見ようと、ステージ前にはたくさんの観客が詰め寄り、メンバーが1人ずつ登場すると大歓声が沸き起こり、「LUNACY」として発表した曲を当時のバンドの雰囲気をそのままに演奏。
「LUNA SEA」からしか観たことが無かった自分にとって、歓喜のステージの一つでした。



「LUNACY」の熱気がそのまま続くように、各バンドがフェスを盛り上げていき、LUNA SEAのメンバーも各バンドに飛び入り参加。
1日限りのセッションで観客を魅了。Jさんのベース、SUGIZOさん・INORANさんのギター、RYUICHIさんのボーカルでの参加。そして真矢さんのSIAM SHADE「1/3の純情な感情」でのまさかのボーカル参加(笑)。メンバー自身も楽しそうでした!

そして1日目の目玉の一つである「X JAPAN」が登場!
YOSHIKIさんが会場に来たファンへ向けて「僕らの友達LUNA SEAのために来てくれてありがとう」、LUNA SEAへ向けて「呼んでくれてありがとう」との言葉に会場が沸く。
さらにTOSHIさんから19年振りのアルバム制作の話が出ると会場から歓喜の声が!
そして、制作途中であるアルバムの新曲に「みんなの声を入れたい」と急遽、公開レコーディングが開始。
「X JAPAN」のアルバムに自分の声を残したい思いで、約3万人の観客の大合唱。
そして最後の曲「X」では、HIDEさんの「飛べ飛べ飛べ・・・」の名シーン映像が流れると観客のボルテージもMAXに!
曲の途中には両サイドのモニターにもう1人のメンバーあるTAIJIさんとHIDEさんの名前が映し出され感動。
また、YOSHIKさんとSUGIZOさんが、25年前の出会いの話と「20数年経ってこうやってみんなで音を出せるって幸せ。こんな機会を設けてくれた皆さんへ感謝」の言葉がとても印象的でした。

トリはもちろん主催である「LUNA SEA」
フェスの主催者として、数々の伝説を残してきたバンド「LUNA SEA」として、まさに圧巻のステージを披露。
1曲1曲が心に刻まれた。
ステージも後半、RYUICHIさんが、来場したファンと出演してくれたバンドたちへ感謝の言葉とともに「自分たちのフェスを初めてやって、久しぶりに会う先輩とか、当時一緒にいた仲間とか、でも会えない人もいるんだけど、今日はこの会場にいるかな・・・」と。天を仰ぐSUGIZOさん。
その言葉に続き、演奏された曲はhide with Spread Beaverの「ピンク スパイダー」。大歓声と共に会場からはすすり泣く声も。今日最大”最狂”の盛り上がりを見せた。
演奏終了後「hideさんと一緒に歌うという夢が叶いました」と言ったRYUICHIさんの言葉がとても素敵でした。
演奏に込められた「LUNA SEA」のhideさんへの思いが届いたかのように、会場にhideさんが舞い降り「LUNA SEA」と共に演奏をしているように感じました。

そして本編が終了。メンバーが去ったステージに向けアンコールを求める観客。その歓声に応えるように「LUNA SEA」が再び登場!

RYUICHIさんが、「今日はすごい人たちが3つのステージを温めてくれました。やっぱり皆さんに登場してほしいよね?」とファンを煽ると大歓声が沸き起こり、
出演したバンドをRYUICHIさんがステージへ呼び込み、最後にYOSHIKIさんの登場。「本物のhideも連れてきました」とhideさんが愛用のイエローハートギターを手に持って登場。
「X」での映像、「ピンク スパイダー」の演奏に続く感動的な演出に、観客からは大歓声が!
RYUICHIさんの「ステージに集合したこのメンバーと共に1曲演奏したいと思います。」で演奏された曲は「PRECIOUS…」。
先輩、仲間、後輩たちが一同に会したステージはまさに圧巻!この場所にいるすべての人たちが最高の笑顔で、”最狂”のステージに!

「たくさんの先輩たちが駆けつけてくれて、仲間たちや若いバンドたちも出てくれて、まるでロックの地層みたい。この何十年の歴史を一気に感じてもらえるような1日になりました」と、RYUICHIさんの言葉に観客も盛り上がりを見せ、各バンドがステージを後にしました。

そして最後の曲は「WISH」。イントロと共に会場に放たれたテープを観客が手に持ち会場が一つに。

感動が感動を呼びフェスの一日目が終了しました。


6/28「LUNATIC FEST.」2日目

この日もまた“最狂”のバンドたちが一同集合。
自分が注目したバンドはGLAY。
HISASHIさんが「東京に出てきた当時、LUNA SEAの曲を聴いて衝撃を受けました」と話すと、LUNA SEAの「SHADE」を披露。
今やビッグバンドとなったGLAYが当時の思いを語ったことが印象的でした。



連日3万人を動員した、2日間にわたるビッグイベント「LUNATIC FEST.」が幕を閉じた。
普段見ることのできないバンドや、一夜限りのバンド同士のセッションなど、最狂に豪華なステージを見ることができて、とても贅沢な2日間でした。




当社運営のモバイルサイトでも、あの時の余韻をお楽しみ頂けますので、ぜひチェックしてみてください。

LUNA SEA MOBILE
http://lunaseamobile.jp/
「LUNATIC FEST. MEMORIES」PHOTOやファンの方の感想を掲載中!

J MOBILE
http://j-wumf.jp/

hideモバイル JETS
http://hide-city.com/

GLAY MOBILE
http://glaymobile.jp/

スタッフダイアリー「JUNK STORY」

久しぶりの登場となります、CS課・前田です。

先日、少し早めの夏休みをとって、どうしても行きたかった場所に行ってきました。



横浜から京急に乗って約45分の三浦海岸駅。
そこからさらにバスに乗り換えて約10分。

小高い丘の上にある「三浦霊園」。


着いた頃には小雨になってしまいましたが、晴れた日は海が見渡せる、静かなこの場所に、
アーティスト・hideさんが眠っています。

入社して、hideさんに関わる業務に携わらせていただくようになってから、毎年命日である5月頃に
必ず伺うようにしていたのですが、今年はまだ伺えておらず、ずっと心残りだったのです。

「夏休みは普段できないことを」とおっしゃる社長の言葉にも後押しされ、
夏休みを使ってようやく伺うことができました。

墓前に伺う前に、駅前のお花屋さんで「hideさんのお墓参りに行くんです」と伝えたところ、
「じゃあ、hideさんらしいお花のほうがいいですよね」と言って、お店の方がhideさんの衣装や髪を
思い出させるような色鮮やかな花束を作ってくださいました。(薔薇もきちんと棘を外してくださいます)


お店の中にはhideさんのファンの方がくださったというパネルやぬいぐるみが飾られています。
ファンの方はもちろん、地元の方からもhideさんが愛されていることが伝わってきました。

平日の雨続きの中の1日だったにも関わらず、私の他に大阪からいらしたというご夫婦がお参りしてましたし、
いつきてもたくさんのお花で囲まれているのですが、この日も本当にたくさんのお花で囲まれていて・・・。

さらに、その1つ1つがどれもhideさんを彷彿とさせるような、色とりどりの鮮やかなお花ばかりで…
亡くなってからもう17年が経ちますが、17年という月日が信じられないくらい、今でもファンの皆さんが
本当に大切にhideさんを想っていらっしゃる気持ちがヒシヒシと伝わってきます。

それと同時に、こうしてお参りすることをお許しくださっているご両親・ご親戚の方、所属事務所の皆さん、
そして管理してくださっている霊園の方、地元の方のお気持ちに頭が下がる思いです。

まだ今ほどインターネットが当たり前でなかった1997年当時に、hideさんが
「(これからは)インターネットで音楽を聴く世の中になるよ」とおっしゃった言葉がきっかけで
いまのエムアップがあります。

そのhideさんの墓前で、お参りに伺えなかった間のこの1年、弊社でどんなことに
携わらせていただいたか、お花とお線香を添えて報告させていただきました。
毎年こうしてhideさんの墓前に報告した時に恥ずかしくないよう、日々しっかり勤めよう、
というのが、仕事をしていくうえでの自分の目標になってます。

そして帰りに品川の映画館でhideさんのドキュメント映画「JUNK STORY」も観てきました。



hideさんと共に活動されていたミュージシャン、スタッフの方たちとの深い信頼関係や絆の強さ、
そしてhideさんのファンの方たちや音楽への愛情の深さを痛感すると共に、
何より「こんな”趣しろい”ことができる人、いない!」という発想の凄さ、実行力など、アーティストとしての
hideさんの凄さ・素晴らしさが伝わってくるドキュメンタリー。
亡くなって17年経つ今も、多くの人に支持される所以がすべて詰まった作品でした。

5月23日から公開されている作品のため、品川はすでに上映終了となってしまいましたが、
ファンの皆さまからの熱いご要望を受けて「イオンシネマ佐賀大和」では7月11日から公開、
さらに都内、「シネマート新宿」で7月17日(金)まで急遽上映延長となったそうなので、まだ間に合います!!

hideさんのファンの方だけでなく、音楽ファン必見です!!! お時間のある方はぜひ足をお運びください。


おこがましい話ではありますが、hideさんが見つめていた未来を創るお手伝いを、
そしてファンの方たちのお気持ちに添うことができるよう、これからも初心を忘れることなく努めていきたいと思います。




スタッフダイアリーゴハン行こうよ

アジアコンテンツ事業部のホンギです。



先月の24日から韓国ソウルへ出張に行ってきました。
中東呼吸器症候群(MERS)流行のことでマスコミが大騒ぎだったこともあり、
今までのソウル出張の中で街が一番閑散としていて快適に回ることが出来ました。
いつも人でいっぱいだった仁寺洞(書道・骨董品など伝統の香り高いアートの街)や
SMタウンCOEXアティウム(SMエンターテインメントが運営する複合文化空間)辺りも客足が少なく、
寂しさがこみ上げてきました。


今回は取引先との交渉以外にも、韓国現地で頑張っているうちのファミリー(?)を励ます目的もありました。
記者のKさん(写真左)は10年近く「韓流大好き!」の仕事をやっていて、
ユーザーの求める記事や写真について知り尽くしています。
カメラウーマンのLさん(写真右)は有名ガールズグループ「EXID」のジャケット写真も撮影したことがある
凄腕の持ち主です。KさんLさんの仲良しコンビが韓国現地で行われるライブやイベントを毎日取材しています。
食事をしながらのトークははずみ、普段メールのやり取りではできなかった様々な話題に触れることができました。
これから夏本番ですが、体調崩さず頑張ってもらいたいと思います。


日本に帰ってきてからは、チームのメンバーとランチミーティングを続けています。
毎日多忙のスケジュールの中、席では黙々と自分のタスクに専念しているため、
仕事以外の話もなかなか出てこないもので、食事をしながらの会話ほど貴重なものもありません。
逆に、上司と食事をする部下の立場としてはリラックス出来ないかも知れませんが…(汗)

出張中、たくさんの韓国料理を食べたわけですが、みんなとも一緒に食べに行きたくて先週末、食事会を開きました。
「美味しいお店を訪ねて、料理を楽しんで、話が弾む」
このブログのタイトルはグルメ料理と食べっぷりをピックアップした韓国ドラマのタイトルから借用したものですが、
これからもみんなをゴハンに誘い、チームワークを高めていきたいと思います。


<アクセス方法>

『韓流大好き!』
■SPモード(DoCoMo)
音楽/動画/芸能>アーティスト/芸能/映画情報>音楽/映画/芸能情報>韓流大好き!
■iモード(DoCoMo)
芸能/タレント/お笑い>海外芸能>韓流大好き!
■EZweb(KDDI)
音楽・映画・芸能>海外芸能>韓流大好き!
■Yahoo!ケータイ(SoftBank)
芸能・映画・音楽>韓流・海外芸能>韓流大好き!

【URLから】
搭載ブラウザより、http://sp.kdaisuki.jp/ を入力

スタッフダイアリーねばねばするネバ~~

こんにちは。
コンテンツ事業本部 の岡田と申します。

皆さん、ねばねばしてますか?
私は、心もカラダもねばねばしています。

なぜなら、本日7月10日は納豆の日だからネバ~~~~~
最近テレビでも大活躍の納豆の妖精ねば~る君が生まれた日、納豆の日です!!

そして、今日この日に、ねば~る君のスマホアプリを3つリリースいたしました!!




詳細はコチラに載ってます!

■とべ!ねば~る君

かなりの中毒性のあるゲームでいったんやりだすと止められません。
そして他のゲームアプリと一味違うのは、納豆連が推薦した厳選レシピがゲットできるところです。



今回、私は、この「とべ!ねば~る君」の制作に関わらせて頂きました。

主にUI周りのデザインを担当したのですが、

「ジャンプ台の藁が納豆を包む藁っぽくない」
「アイテムの生卵が目玉焼きに見える」
「アイテムのネギは青ネギですか?実家では白ネギやったとばってん…」
「ねばねばねばネバ」

などなど色々な意見が飛び交い、かなりの熱気を帯びた制作現場となりました。
こんな風に皆で試行錯誤して出来上がったアプリが無事リリースでき(iOSは近日公開だけど)心から嬉しいです!

本当におもしろいゲームなのでぜひやってみてくださいね!
ここからダウンロードできます。




また、ねば~る君のデジタルコンテンツの特設ページもありますので、良かったら覗きにきてください!


早速ですが、本日のランチは「とべ!ねば~る君」でゲットしたレシピ「ピリピリばくだん」です!






















皆さまも良い納豆の日をお過ごしください!

スタッフダイアリー鬼怒川に行って来ました。

クリエイティブ事業部の吉田です。

先日、妻の姉夫婦家族と会社の保養施設がある
鬼怒川に行って来ました。

妻の誕生日のお祝いを兼ねての小旅行です。

姉夫婦はこちらの保養施設に来るのが初めてで、
とても喜んでいました。
とくに甥っ子は貸し切り状態の露天風呂に
大喜びしていました。



保養所近くにある、鬼怒川温泉ロープウェイおさるの山動物園や
日光東照宮などを回り、最後はみんなで妻の誕生日を祝いました。



おかげさまで、大変充実した休日を過ごすことが出来ました。
こちらで充電できた分、これからますます仕事に励み、
またこのような休日を過ごせるように頑張っていきたいと思います。