ホーム / 

スタッフダイアリー

スタッフダイアリー末っ子K、ついに末っ子を卒業!?

皆さん、こんにちは(^o^)丿
アジア事業部末っ子Kこと、こじまです。

2016年に新卒として入社し、
これまでの2年間ず~~~っとアジア事業部の末っ子で居座り続けた(名乗り続けた)こじまですが…

▼末っ子Kの足跡👣

①2016.10
「あ!という間の6か月!」

②2017.01
「初出張は波乱万丈!?」

③2017.06
「イベントも企画も大成功!!」

④2017.11
「待ちに待った活動再開!~感動の嵐~」

⑤2017.11
「末っ子K、波乱の韓国出張記」


つ…ついに末っ子を卒業します!!!!
(まだかろうじて末っ子ですw)


というのも、4月より2018年卒の新卒ちゃんたちが入社します^^

これまで、内定式や、懇親会、インターンなどで、
何度か一緒に食事をしたり、お話をする機会があり…^^

はやく4月になればいいなぁ~♪と、みんなの入社を心待ちにしています

昨年、アジアコンテンツ事業部では、
新卒の配属がなく、私が末っ子の座を守っておりましたが(笑)、
今年はアジアコンテンツ事業部にも新卒ちゃんを迎える予定です^^

こじまも、末っ子を譲り渡す準備を始めたいと思います^^(笑)


そして、エムアップでは19年卒の採用活動もスタートしました!

3月28、29、30日に開催されたエムアップの新卒向け会社説明会には、
こじまもファンサイト事業代表として登壇して参りました!!


▼新卒向け会社説明会 レポートブログ
http://info.m-up.com/news/?category=staffdiary&id=2000001323


私の話を、キラッキラな表情で一生懸命に聞いてくださる学生さんたちの姿、
質疑応答で学生さんたちから頂いた斬新・新鮮な質問たちに、
就活時代の自分を思い出してみたり…、入社当時のことを思い出してみたりと、
普段はなかなか考えなくなってしまった事や、初心を取り戻すことができたように思います。


▼PHOTO by ひぐちさん


※カメラマンの腕の良さのおかけで実物の100倍よく写っています。


会社説明会への登壇をきっかけに、
入社当時からこれまでのことを振り返ってみたり、
同期のみんなの変貌…いや、成長っぷりに改めて驚いてみたり…^^


<愛する同期のタイムスリップフォト📷>

▼2016年4月



▼現在



ここまで、お仕事が忙しい時も、壁にぶち当たった時も、落ち込んだ時も…、
同期のみんなも頑張ってるんだから!という、その理由一つだけで何でも乗り越えられたように思います^^

新卒第1期だからこそ、なおさらお互いに助け合って、励まし合って切磋琢磨しながらお仕事に取り組めています!!

これから入社する新卒ちゃんたちにとっても、同期がそんな存在になってくれたら嬉しいです☆

4月から入社3年目!後輩ちゃんたちもさらに増えます!
より気を引き締めて、責任感をもって業務に取り組めるよう、努力します!!

アジア事業部 末っ子K

スタッフダイアリー新卒採用 会社説明会開催レポート!!

こんにちは!

新卒採用担当です。

急にあたたかくなってきて、桜も満開になってきましたね。
春と言えば、花粉症?ならびに、出会いと別れの時期。

当社も例年に違わず2019年度卒 新卒採用を行っております。



“エムアップ”ってどんな会社???
新卒採用の中でも当社を一番よく知っていただく機会は、やはり会社説明会です。



私たちとしても、多くの学生の方々にお会いさせていただいて
外から見えない部分などをたくさん伝えさせていただきたく、全力で開催いたしました!!



満員御礼!!
総勢数百名、お越し頂いた学生の皆さま、ありがとうございました!



当社の会社説明会は、執行役員による会社の紹介から始まり、
各事業部、コンテンツ、ファンサイト、EC、ソリューション、それに加え開発部門や管理部門などなど、
多くの社員に語ってもらい、より多くの社員の声を聞いていただけるような形式で行っております。
もちろん、福利厚生や企業文化などなど、皆さんが気になるポイントもバッチリおさえてます。

また、代表の美藤による挨拶や理念の方も聞くことができるカタチで、”想い”を”熱く”語りました。



たぶんここまで登壇者が多い会社は、あまりないのではないでしょうか?
それほど私たちは実際に働いているメンバーの「生」の声を届けたいと思っております。



プロジェクタで表示する資料は、なんと100ページ超!!
司会&管理部代表のテラシマです。


そして、質疑応答の時間もたっぷり設けてさせていただきました!

多くの質問をいただきましたので、せっかくなのでこちらでも
いくつか紹介させていただきます。

Q:どんな人を求めているのでしょうか?

A:当社では、様々な事業を行っており、攻める人もいれば守る人もとっても重要な存在です。
人それぞれには武器があり、それを生かせるような配属や役割分担を行います。
なので、「求める人物像」は明確にお伝えするのが難しいです。
仕事への”情熱”や”やりたいこと”を精一杯ぶつけてください!



Q:今、農学部専攻してます。「エンタメ」と関係ないのですが、大丈夫でしょうか?

A:はい、まったく問題ないです。私も元々「化学」専攻でした。
しかも中途でジョインしてますが、元々は運送系の仕事でした。
ただ、論理的思考だったり組織を統率したりと、無駄になったスキルはないと思ってます。
今、「エンタメと関係ない」事を勉強しているんじゃないかなーと思っている方も、心配せず一緒にやりましょう!



Q:技術職にて質問です。どのくらいのスキルが必要ですか?

A:今の段階だと特にレベルの設定はございません。
入社後にフォローしながら一緒にスキルアップを図りますし、スキルに応じた業務をお願いすると思います。
もちろんスキルが高ければ、ハイレベルなお仕事をお願いさせていただきたいです!
私も元々未経験で入社しました。仕事への”情熱”と”エンタメ好き”であれば問題ないと思います!



Q:管理部の方に質問です。管理部でもエンタメ感はあるんですか??

A:ファンサイト事業やコンテンツ事業などに比べ、直接的に接触する機会は少ないかもしれません。
ただ、エンタメをやってる社員を支える立場なので、社員が”エンタメ感”溢れています。
もしかすると一番エンタメ感あるかも知れません(笑)
そして、社内でも部活やイベントが多く、それらも支える立場なので楽しく仕事しています。



他にも、た~~くさんご質問をいただいているので、また機会がありましたら
ご紹介させていただきますね。

一堂、引き続き皆さんのエントリーと、エントリーシートの応募をお待ちしております!


※登壇者の一部です。
※会社説明会の開催は終了しておりますが、ご質問や気になる点がございましたら
お気軽に採用特設サイトよりご連絡ください。


当社のスタッフのインタビュー紹介や、社内の雰囲気が分かる採用特設サイトもございますので、
是非ご覧いただければと思います。
→採用特設サイトはコチラ♪

スタッフダイアリーナヴァグラハ公式サイト「ナユタサンガ」

こんにちは。エンターテインメント事業本部のサイトウです。

さっそくですが、みなさんは漫画は読みますか?好きですか?
私は漫画が好きで、少年漫画の熱く燃える展開が特に大好きです。

最近はWEB上で漫画を読むことができ、たくさんの作品の中から何を読むのが良いのが迷ったりしませんか?
そんな方におすすめなのが、月刊少年シリウスで好評連載中の『ナヴァグラハ-Virgin 9 soulS-』!!

原作は声優小野大輔さん×近藤孝行さん、脚本は小林裕和さん、作画は松葉サトルさんが担当されている漫画です!
ざっくりストーリーを紹介すると…
世界の滅亡をもくろむ悪の組織と戦う主人公たち。仏の力を使って変身し凶悪な敵を倒す王道バディヒーローアクション漫画です。

王道漫画やバトル系の漫画が好きな人にはオススメですし、女の子がかわいくて癒される漫画でもあります。

昨年12月には、作品をもっと盛り上げるために「ナヴァグラハ公式サイト「ナユタサンガ」」がオープンしました。原作者小野さんと近藤さんによるWEBラジオや漫画などのオリジナルコンテンツが公開中です。
個人的に、『ナヴァグラハ-DefenD 9 Triggers-』(前章シリーズです)の全16話のネームが無料で見れるのは貴重だと思っていますので、ぜひぜひ見て欲しいです。

また、3月3日には『ナヴァグラハ-Virgin 9 soulS-』第1巻発売イベントが中野ZEROで開催し、私もサイト担当としてイベントに行ってきました。
会場内にブースを設け、サイト会員様向けにオリジナルのポストカードをプレゼントいたしました。ブースに、たくさんの方が来ていただき本当にありがとうございます。



さらに、ポストカードには抽選番号が書かれていて後日サイトで発表した抽選番号が当たった方には、サイングッズをプレゼントする企画を実施しました。



抽選番号はすでに発表しておりますので、サイト内で番号確認をお願いします。
また、ご連絡いただいた方へはプレゼント発送の準備をしておりますので、お待ちください。

イベントは、声優小野大輔さんと近藤孝行さん、ゲストに菅沼久義さんと間島淳司さんが参加され、イベントはものすごく盛り上がりました。現在発売中の月刊シリウス2018年5月号で写真付きのレポートが掲載されております。

『ナヴァグラハ-Virgin 9 soulS-』『ナヴァグラハ公式サイト「ナユタサンガ」』をよろしくお願いします!!

スタッフダイアリーどどどど怒涛のイベント祭り

こんにちは。エンターテイメント事業本部の大内です。

タイトルの通り、ドがいくつ付いても足りない程あっという間に過ぎ去った3月。
毎月2本以上ライブに行くぞ計画が2018年早々にとん挫した3月。(4月は3本は行きます)
何があったのかというと【毎週末全てイベント取材】という驚きのイベント祭りです。

■3/4 廣瀬智紀さんファンイベント「煌々星~明けの明星~」@日本橋三井ホール
担当を任せて頂いてからは初の単独イベントの開催。
昨年も東阪で行われたこのイベントが、パワーアップして今年も帰ってきました。

歌あり、朗読劇あり、秘密のゲストコーナーあり、お手紙あり、お見送りあり…と
ファンの皆さんを誰よりも大事に考えている廣瀬さんらしさに溢れた素敵な時間でした。

昼夜2部構成のイベントでは両部共に撮影に入らせて頂き、レポートを作成。
廣瀬智紀ファンクラブ<MY FAMILIES>では後日こちらが公開予定となっておりますので、楽しみにお待ちください!
そして4/8には大阪にて「煌々星~宵の明星~」が開催されます。
大好評につき、チケットは残念ながらソールドアウトとのことですが、
ご来場される方も、今回は行けないという方も4/8は大阪の廣瀬さんにエールを送りましょう!


■3/11 立花理香さんバースデーイベント「立花理香 Birthday event ~Flora~」@新宿ReNY
誕生日翌日の2/28にメジャーデビューを果たした、声優・立花理香さんのバースデーイベントにも撮影取材で伺いました。



都内各店舗でのリリースイベントを経て、ライブハウスの大きなステージで
堂々としたパフォーマンスを魅せていた立花さん。
ファンの皆さんからは割れんばかりの大歓声が常に贈られていました。
一方トークパートでは、客席も巻き込みつつ笑いの絶えない2時間に。
さらに今回は“バースデーイベント”と銘打っていることもあり、昼夜両部で異なった様々なサプライズが!
写真を撮らせて頂きながらも、キラキラと表情を変える立花さんの魅力が
たっぷりつまったイベントになっていることが肌で感じられました。
こちらも立花理香ファンクラブ<Flower Cheers!>にて、写真たっぷりのイベントレポートを公開中!
立花さんからの動画メッセージも配信しておりますので是非チェックしてください。


■3/2~3/25 MONKEY MAJIK「FAN CLUB LIVE 2018~VIP NIGHT with MONKEY MAJIK vol.4~」
3月の(個人的)中心イベント、MONKEY MAJIKのファンクラブ限定ライブツアーです。
福岡/名古屋/大阪/東京/仙台の全国5か所8公演に及ぶツアーにファンクラブスタッフとして帯同させて頂きました。
とはいうものの、他イベントとの兼ね合いもあり私が参加させて頂いたのは
・ツアー初日 3/2福岡公演@福岡BEAT STATION
・3/17&18 東京公演@東京キネマ倶楽部
・3/24&25 仙台公演@仙台darwin
の5公演。残念ながら全ての公演を現地で観ることは出来なかったのですが、
各地でのライブのボリュームと熱量はいままでに体験したことの無いほどのものでした。



今回のツアーは3/21リリースのオリジナルアルバム『enigma』からの新曲や、最近のライブでは珍しい楽曲、
さらには事前にファンクラブで募集していた皆さんからのリクエスト曲などなど
ファンクラブライブならではのセットリストをお届け。
曲のイントロが始まった時の客席からの声にならない嬉しそうなざわめきが、どの会場でも感じられたのがとても印象的でした。

現場ではFCスタッフとして直筆サイン入りピクチャーチケットのお渡しや、
終演後のハイタッチ会・限定バックステージ招待の対応を担当。
どれもお客様と向き合うものであるため 会場によって異なるアナウンスや対応に不足の無いよう十分に準備して臨みました。

会場はメンバーにもゆかりのあるライブハウス・仙台darwin。
ホームタウンである仙台での公演ということで、全国各地からファンの皆さんが駆け付けた2日間は、
ファンクラブライブツアーを締めくくる見事な大盛況っぷり。
個人的にファンの皆さんのリクエストから披露された『SAKURA』という楽曲の演奏時に、
初めて初日公演からファイナルまで参加させて頂いたツアーの終わりを感じ、少しだけこっそりグッときてしまいました。
この『SAKURA』は別れと新たなはじまりを歌った今の季節にもぴったりの一曲なので、
是非皆さんにも聴いて頂けたら嬉しいです。

さらに、このツアー各地で撮影したメンバーコメントムービーをファンクラブで公開中!
ライブを終えたばかりのメンバーからのメッセージを是非チェックしてください。

ちなみに最終タームの仙台公演では、約2年ぶりの仙台への出張となりました。
※過去ブログはこちら(あまりの恥ずかしさにまともに読み返せません)



2年間のうちにどれほど自分が成長できたのかはわかりませんでしたが、
変わらず素敵な街であった仙台を以前よりも感じられるくらいの気持ちの余裕(ほんの数ミリ)が
少しだけ持てるようになった気がしました。食べ物の写真も残せるくらいには…


こうして駆け抜けたイベント祭りの3月の向こうにはもうすぐそこに4月が。
今回のようなライブやイベント等の現場ももちろんですが社内での作業共に、
出来るようになったこと・まだまだまだまだ出来ていないこと・これからやっていきたいことの
それぞれとしっかりと向き合いながら進んでいければと思います。

スタッフダイアリー日々のCS業務の中で感じている課題と今後の抱負

こんにちは!
CS担当のYです!

大雪が降ったかと思えば今度は花粉…。
果たして人間の過ごしやすい季節はいつ訪れるのでしょうか(^^;
私は花粉症ではありませんが、誰でも急に発症してしまう恐れがあるとのことで、
最近は家に帰ってから目鼻洗浄と部屋掃除を欠かさず行っています!

そんな季節の移ろいの中でドタバタと過ごしてきて、気がつけば入社から8ヶ月。
未経験からスタートした CS(カスタマー・サポート)業務ですが、
色々経験しながら、少しずつお客様のお役に立てるようなCSに
……なれているかな、なれていればいいなと思います!

そこで、今回は私の担当しているCS業務について、
現在の課題や今後の抱負を交えながら紹介していきたいと思います!


こちらはエムアップが現在運営しているアーティストサイト(一部抜粋)となります。
エムアップは現在、アーティストサイトをおよそ100サイト、ECサイトをおよそ30サイト運営しており、
CS担当はこれらのサイトのエンドユーザーの方々からいただくお問い合わせに対応しています!

お問い合わせの内容は多岐にわたりますが、どのような内容でも、まず私たちが行うのは状況の確認。
お客様側で発生している疑問や問題について、できるだけ詳細な状況を把握することで、
適切な解決策をご案内できるよう努めています。

その場で解決できない問題はディレクターに共有し、
万が一サイトの改修が必要となる場合には修正を依頼し、
ご要望やご意見であれば今後のサイト運営の際に参考にさせていただいています。

初めは生じている問題の原因を特定することが難しく、
ディレクターや、次第に知識や経験が増え、
いただいたお問い合わせに的確に対応できるようになってきました!

しかし…この「慣れ」が落とし穴!!

気がつけばスピードを意識するあまり、
CS業務の核が対人コミュニケーションである
という意識が薄れてしまっている自分がいました。


課題1.お客様の満足度
同じ文章のお問い合わせであっても、お客様によって求められていることは異なります。
例えば、お客様側で「サイトにログインできない」という問題が生じている場合でも、
お客様の目的は「受付期間の定められているチケット先行への応募」や
「更新された有料会員ページへのアクセス」などそれぞれ異なります。

CSの存在意義は、お客様にご不便なくサイトをご利用していただくこと(満足していただくこと)だと思うので、
問題を解決に導くことはもちろんのこと、それにより目的を達成していただくことが私は何より重要だと考えており、
そういった対応がまだ十分にできていないことが課題だと感じています。

お問い合わせをいただいた際には、お客様に寄り添って回答できるようなCSになっていきたいと思います!!


課題2.お客様の視点で考えること
お問い合わせの中には、まれに解決のためにサイトの改修を必要とするものもあります。
そのため、お客様の置かれている状況について詳細(使用機種やエラー内容など)を把握し、
ディレクターの確認が必要と判断したものについてはすぐに社内で共有しています。

この時、お客様にはご不安を生じさせてしまっているうえ、
状況の詳細確認のためにお手数をお掛けしておりますため、
このような対応の中で生じるお客様のお気持ちのご負担を考えたうえで、
適切なご案内や表現をすることがCSには求められますが、
これもまた私は十分にできておらず、課題に感じています。

杓子定規な回答ではなく、ケースバイケースでご対応できるよう、
自分のご案内の仕方を意識的に改善していきたいと思います!!


課題3.Q&A(よくある質問)ページ
また、エムアップでは日々新たなサイトが立ち上げられていますが、
それらのサイトにはお問い合わせフォームのほかに、
Q&A(よくある質問)ページが設置されています。

(画像は純烈MOBILEのSUPPORT部分です。)
サイト内での操作等に関しては、このページにてご案内させていただくことで、
お客様のお問い合わせのお手間を大幅に省くことができています。

お問い合わせをいただく頻度の高い質問があれば、
逐次記載するようディレクターに提案するのはもちろんのこと、
いつも最もお客様に近いところからサイトを見ている立場として
気が付いたことを社内で積極的に共有してこのページを充実させ、
お客様がサイトをご利用しやすい環境を一層整えていければと思っています。

CS業務はお問い合わせ対応だけではないので、
お問い合わせ対応によって得た情報や気付きをディレクターに共有し、
サイトの盛り上がりに少しでも貢献できるようなCSになりたいと思います!!

-----
以上が現在私の感じている課題と今後の抱負になります!!!

今後、これらの課題を意識して改善していき、
お客様が安心してご利用いただけるサイト運営の
一助を担えるよう成長していきたいと思います。

また、エムアップには社外研修制度などもあるので、
こういった制度もうまく利用してスキルアップに繋げていきたいと思います!!

スタッフダイアリーdeepでVIPな夜

クリエイティブ事業部デザイナーのtagapです。

唐突ですが私の長年の相棒をご紹介。


iPod nano!第2世代(多分)!
懐かしいを通り越して見たことないわという方もいるのではないでしょうか。
ちなみにnano自体2017年に発売終了しております・・・。悲しい。

長年の相棒とは言いましたが、
部屋を片付けていたらぽろっと出てきて充電したらまだいける!
こりゃいい!ということで再びタッグを組んだというのが事実です。
中身は学生時代に使っていたものほぼそのままで、データには曲以外に卒論も入ったまま。
再び使い始めた当初は、タイムカプセルのように何の曲が入っているかなと見て聴いてがとても楽しくてワクワクしたのを覚えています。

もちろん、新しいアーティストや曲を仕入れて聴くのも好きですよ!
犬かキャットかで死ぬまで喧嘩したりしなかったりする方々とか個人的にはイチオシしてるんですが、それはいいとして。
何年たってもやっぱり好きだった曲は好きなままなので今でもこのnanoちゃんを聴いています。

その中に入っているアルバムのひとつが



空はまるで/MONKEY MAJIK

2007年発売アルバム。ここでも私のnanoちゃんの年季もわかっていただけると思います。
当時CMソングで空はまるでを聴いた私は、澄んでいて素敵な歌声だなと思ってこのアルバムをnanoに入れたのでした。
そしてそのアルバムを2018年の今も変わらず聞かせて頂いているわけですが、

実はそのMONKEY MAJIKさんのファンクラブサイトを弊社で運営させて頂いております。
【フィーチャーフォンサイト】http://monkeymajik.com
【スマートフォンサイト】http://sp.monkeymajik.com

そしてそして、そのMONKEY MAJIKさんは2018年3月21日(水・祝)にニューアルバム「enigma」をリリース!
その記念にファンクラブ限定でLIVEツアーを敢行。弊社も完全サポート体制です!

その名も「FAN CLUB LIVE 2018~VIP NIGHT with MONKEY MAJIK vol.4~」

今回はそのLIVEにお邪魔してきました!
声をかけてくれたディレクターに感謝です。

場所は東京キネマ倶楽部。
鶯谷。趣のあるディープな街。それが鶯谷。



哀愁漂う鶯谷の歩道橋まで延びた列。
たくさんのファンの方々が心躍らせながら入場を待っている姿が印象的でした。

今回、私は2階の席から拝見させて頂けるとのこと。
そのため、ご本人たちとファンの方々、スタッフさん(特に弊社ディレクター)の動きをよく見ることができました。

私自身、エンタメが大好き!ライブにめっちゃ行く!〇〇が大好きで追いかけてます!!
といったタイプではなく、ご縁あってエムアップに入社してからアーティストさんとファンのつながりというものを少しずつ勉強させて頂いています。
実際にこういったファンクラブイベントに参加するのは初めてだったので、このポディションからLIVEを見させて頂けたのはとてもラッキーでした。


結論から言いますと、

最高!

ということ。これにつきます。

LIVE内容全てを書き起こしたいくらいなのですが、
そうも言ってられないので、観客目線、仕事目線に分けて書いていこうとは思います。

まず、観客目線で。
曲や歌のことを私がああだこうだいうのはおこがましいのですが、
本当にどの歌も素敵で澄んでいてかっこいい!
歌声はもちろんのこと、サウンドが凄くいいんです。
サウンドとかいうと音楽通ぶってるようですが、私も今回初めて使ってみたので許してください。
他に良い表現方法がわからないので通ぶってるように思われようが使用します。正しく使えてるかな・・・。
とにかく歌じゃない部分も素敵すぎるんですわ、これが。通ぶらないで言うとこうですかね。

個人的には、ニューアルバムにも収録されている『A.I. am Human』のClap Your Handsな感じが特に好きで、
この曲を生で聴けたことにクーッときていました。

LIVE自体は、こんなに聴かせてもらっていいんですか?と思うくらいの曲数で、
もちろん、ニューアルバム収録曲も何曲か披露。
しかも新曲はこのファンクラブLIVEツアーで初披露しているとのこと!
これはファンの方々にはたまりませんね。

またまた個人的なことですが、
アンコールでは、私がMONKEY MAJIKさんに最初に出会ったアルバム収録曲の「Change」と、
ニューアルバムの曲が合わさって、とても感慨深いというか興奮していました。
かっこつけた言い方をすると、私の中で時を超えて繋がったという感じです。

---------------------------

次に仕事目線で。
ちゃんと俯瞰して見れていたらいいのですが・・・。

まず、ファンクラブイベントのLIVEってどんな感じなのだろう?から始まった私の問いなわけですが、
一番感じたことはファンの方々がMONKEY MAJIKさんを大好きなのはもちろんのこと、
ご本人たち自身もファンの方々のことを想っている・大切にしているというのがひしひしと伝わってくるということでした。

そう感じた場面が多すぎるので羅列してみます。
・親子席がある
・事前に集めた曲のリクエストに応えてくれる
・その場でのフリーな質問を受け付ける
・演奏中にめっちゃ近く来てくれる
・めっちゃピックくれる
・ドラムのスティックも投げちゃう
・当日誕生日だったファンの方を歌で祝ってくれる
・帰りはメンバーがハイタッチでお見送りしてくれる

ファンクラブイベントでは普通のことなのかもしれないですが、
私はこういうイベントが初めてなので、アーティストとファンの距離感がとても近くて素敵だなと思っていました。

フリートークでも人柄が出ていて、飾らない素敵な方々で曲と同じだなぁという印象を受けました。
こういうところでも長年ファンの方々の心をグッとつかんでいるんだろうなぁとほんわりして見ていました。


本当に楽しいLIVEで、
こんな私ですら語っても語りきれない!となっているのですから、
もっともっとMONKEY MAJIKさんを長年応援し続けているファンの方々にとっては忘れられないくらい素敵なVIP NIGHTだったに違いありません。

また、LIVEの最後に運営の方がお話ししていたことで印象的だったことがあります。
新曲のお披露目はまずファンクラブの方々にしたい!という希望が今回実現したというお話でした。
それはご本人たちに取ってもファンの方たちにとっても本当に嬉しことだと思います。
その両者の気持ちを合わせるお手伝いを私たちはしているんだと思うと、
この仕事はとても面白いなと思いましたし、とても大切な役割を担っているのかもしれないとも感じました。

前述したように私はエンタメがバリバリ好き!といったタイプではありませんでした。
なので、こういったアーティストさんとファンのつながりといったものの実感があまりなく、自分ごととして考えられていなかったのかもしれません。
ですが、今回のようなLIVEを拝見させて頂くことで、今まで知らなかった新しい感覚や新鮮な気持ちを知ることができますし、学ぶことがたくさんあります。

今回、実際にアーティストさんとファンの方々の結びつきを間近で見ることができてとてもいい経験になりました!
この経験はサイトのデザインや動きを作る上でも活きてくると思いますし、いい刺激になったと思います。ありがたい限りです。

deepでVIPな夜でございました。




enigma/MONKEY MAJIK
ノリノリになれたり、しんみりしたり、心動かされる素敵なアルバムなのでぜひお聴きください!

そしてそして!今回のようなファンクラブ限定のイベントや情報もあったりしますので、
弊社運営のファンクラブサイトものぞいて見て頂けたら嬉しいです!
【フィーチャーフォンサイト】http://monkeymajik.com
【スマートフォンサイト】http://sp.monkeymajik.com

スタッフダイアリー2017年度振り返り

こんにちは。
コンテンツ事業本部クリエイティブ制作課の岡田です。

今期も残り2週間ほどになりましたが、まさに騏驥過隙!
新しい期を迎える前に、早すぎたこの1年、コンテンツ事業本部クリエイティブ制作課の業務を振り返りたいと思います。















IPコンテンツの特設ページやLPの作成、アプリのUIデザインの案件が多めな年でした。
また、アプリの案件では、UIデザインとサービス設計について多くの課題が見つかり、
UIデザインについての基礎を改めて学ぶ時間を作りしました。
主に
・いいデザインってどのようなデザインなんだろう
・iOSガイドラインについて
・Android ガイドラインについて
・ペルソナ設定について
・ジャーニーマップについて
・プロトタイプ作成
について学習しました。
知識や技術ももちろんですが、チームでどのように一つのサービスを作っていくのか。
というところも大事なことだと感じました。
そして、クライアントの意向だけを形にするのではなく、一緒に課題を解決する。
という姿勢でなければ良いものはできないのだなと痛感しました。
クライント、ディレクター、デザイナー、エンジニアが事業(サービス)の価値を共有し、
それぞれの視点で課題と向き合い、様々な意見やアイディアを反映できる体制をつくれるか。
ということも大きな課題だと感じました。


今期を振り返りつつ、毎回ブログで何か食べているわたくし(過去のブログ→ねばねばするネバ~~村上と岡田のほのぼのちりめんライフ)ですが、
今回は食べ物ネタがないっ!と思ってたけど、あったわ。あったよ。
そうそう、「いきなりステーキ王国」アップデートしましたよ。新しいキャラ追加されましたよ。

ということでいきなりステーキをほおばるわたくしです。

肉うめ~~~~~









当社、ならびにコンテンツ事業本部の詳しいお仕事を知りたい方はコチラ

スタッフダイアリーもうすぐSAKURAの季節

エンタメ事業部のカトウです。

先日担当している175Rさんのライブがあったのでお邪魔してきました!
もうかれこれ10年くらいずっとサイト担当をさせていただいているので、
メンバーさんも事務所のスタッフの方とも世間話をする仲になりました(笑)
(サイト担当をさせていただくとこういう醍醐味もあるんです!)

お邪魔したライブは対バンした3バンドとも、出身が北九州、そしてそれぞれアニバーサリーイヤーな豪華なライブでした。

175Rは結成20周年
SHIMAは結成10周年
HERO COMPLEXは結成5周年
と175Rが一番お兄さんバンドでしたが、どのバンドも聞いててめちゃくちゃかっこ良かったです!!

メンバー同士も楽しかったようで「またやりたい」と言っていたので、またこの3バンドでの対バンがあったら、いち邦楽ロックファンとしてワクワクします!

私が175Rのライブで毎回いいなと思うところはファンのみなさんの温かいところです。
インディーズの頃からこの季節に歌い続けている「SAKURA」という歌では、
サビの部分でファンの皆さんが作ってきた桜吹雪が舞うんですが、これが毎回感動してしまうんです。

↓これです。(許可いただいて写真撮っちゃいました!)


なので、この時期の175Rのライブは本当に多くの人に見て、参加してもらいたいと思っています!
(この時期だけじゃなく、いい曲たくさんあるので、いつでもどうぞ!)
と、熱くなりすぎても仕事を忘れてしまうので、この辺で。。。


このライブの模様を撮影した写真を、175Rのファンクラブ『BUG BOX FC』にて随時ダウンロードできるように公開するので、ぜひお楽しみに☆

175Rは今年結成20周年イヤーなので、またSAKURAが咲くのを待ってます!!

スタッフダイアリー鬼怒川に1泊

システム課 Kです。

3月初旬に鬼怒川保養所に1泊してきました。

ただこの時期は花粉がやたらと飛んでいて、
花粉症のメンバーは大変そうでした。(自分は非花粉症)

さらに寒い季節なので室内と備え付けの温泉でゆっくりしたいとこですが、
近所をぐるっとしてきました。


まずは定番の鬼怒楯岩大吊橋


橋の先を右手に行くとトンネルと山に登っていく階段があり、
登った先から保養所のマンションを撮影


橋の先を左手に行ったら熊に注意して下さい


熊に注意しつつ先に進むとある滝


今度は季節を変えて泊まりに行きたいと思います。