ホーム / 

スタッフダイアリー

スタッフダイアリー近藤孝行さんと行く人生初バスツアー

こんにちは。エンターテイメント事業本部の大内です。
今月はこのあと4本ライブに行く予定ですが、
うち3本が同じバンドという状況に今更気づく今日この頃です。

それはさておき 去る6月2日(土)、取材という名の人生初のバスツアーに参加してきました。
その名も「近藤孝行さんと行く 仏心と千葉の空、39ファイナルバスツアー」です。


5月7日にオープンした、近藤孝行メンバーズサイト 丸の内 TIGERGARDEN。
アーティスト本人からメールが届く『プライベートメールサービス』あり、
毎週更新『WEB RADIO<近藤孝行のRADIO TRANSMISSION>』ありの
ここでしか楽しめないサービス満載のサイトになっております。
またしても(1年ぶり2回目)火の玉のように各チームの皆様にご迷惑をお掛けしながらも
なんとかかんとか担当の一人としてこちらのサイトの立ち上げに携わらせて頂いたことから、
今回開催されるバスツアーにもお打ち合わせから当日の取材まで参加させて頂くこととなりました。

ご本人のご希望に沿ったツアーの組み立て…
当日のアクティビティ内容…
実際に現地に赴いてのロケハン…
メンバーズサイトでのチケット先行受付の実施…
全体のタイムスケジュールの調整案のご提示…
各アクティビティでの細かな段取り… などなど
バスツアーを実施するにあたっての決定事項はここには書ききれないほど山のようにあり、
近藤さんご本人や今回のバスツアーを運営していただいたローソントラベルの皆さまとのお打ち合わせの中で
今まで経験したことの無い領域でのお話を沢山交わすことが出来、とても勉強になりました。

そんなこんなでサイトオープンから約1ヶ月後、バスツアー開催当日となりました。
さすがは晴れ男の近藤さん。驚くほどの晴天に恵まれ、4台のバスは最初の目的地へ向けて出発しました。


バスの車中もツアーの一環ということで、なんと今回のバスツアーは、近藤さんご自身がお客さんの乗車するバスで
かわるがわるガイドを務めるというスペシャルな特典付き。
さらに近藤さんが乗車していない残り3台にも近藤さんの教え子の皆さんが交代で同乗し、
他ではなかなか聞くことのできないレアなトークを繰り広げて下さいました。

そうこうしているうちにバスは成田山新勝寺へと到着。

近藤さんが小野大輔さんと共に原作を務める人気作品『ナヴァグラハ』で、
ご自身がキャストとして担当する向日明の仏:不動明王が祭られているということで
ここでは近藤さんから皆さんに不動明王に関するお話をご本尊の前にてご説明いただきました。

(ちなみにこのナヴァグラハですが、公式サイト『ナユタサンガ』をエムアップで運営しております。
物語の世界観を細部にまで散りばめたこだわりのサイトになっておりますので是非チェックして下さい!)

近藤さんのガイドをじっくりと拝聴した後はそれぞれ自由時間に。
広大な境内に加えて、お土産屋さん街も充実しているため「回りきれないー!」との嬉しい悲鳴も聞こえつつ、
不動明王の圧倒的なパワーをめいいっぱい浴びたところで次の目的地へ移動しました。

続いての目的地はマザー牧場。

近藤さんはなんと到着した皆さんを昼食のBBQ会場でお出迎えするというおもてなしっぷり。
常にビデオカメラを片手に撮影をさせて頂いていたのですが、皆さんが焼いているテーブルひとつひとつを周って会話をして
…とファンの方々との時間を大切にしていることがわかりました。

昼食後は『ナヴァグラハ』の原画や、近藤さんが道中サービスエリアで購入したぬいぐるみなどなど
豪華景品満載の大抽選会を実施。
2ショットチェキ撮影に続いて、ツアー最後のアクティビティであるジャム作りでも、各テーブルで大騒ぎになる中
近藤さんはテーブル全てを回り、最後まで皆さんとコミュニケーションをとっていました。


あっという間にバスツアーも終了の時間。
参加者の皆さんひとりひとりにお土産である成田山新勝寺のおまもりを手渡しした近藤さんとは、
手を振ってここでお別れに…と思いきや、なんとここで最後のサプライズ!
休憩として立ち寄ったうみほたるにて、近藤さんが皆さんの帰りを待っていてくれたのです!

もうひとつのお土産であるサンキューメッセージカードをそれぞれのバスに配るともう一度丁寧にお礼を告げた近藤さん。
まさかの登場に驚いていたファンのみなさんでしたが、そのあとの道中でのカードを読む表情がとても印象的でした。
大ボリュームの1日をまとめたメイキングムービーを現在近藤孝行メンバーズサイト 丸の内 TIGERGARDENにて公開中ですので、是非こちらを見て当日の気分を再び味わってください。

今回のツアーではメイキング用のムービー撮影や、所々で進行の補佐などをやらせて頂き
個人的には、今まで別の現場で経験させて頂いてきたことややってきた内容が
このような違う場所でも活かすことが出来るのだということを改めて実感しました。

そして何よりこのバスツアーを通して、心からファンの皆さんとの関係性を大切にしている近藤さんの姿勢にとても感銘を受けました。
少しでもファンの方が喜ぶことが出来るように、楽しませてあげられるようにと考えて自ら発案し動いて行くという考え方は
運営をしている自分たちにこそ必要なものであり、改めてそうした思いを持って
今後近藤さんのサイトはもちろん、仕事のひとつひとつに向き合っていきたいと思いました。

スタッフダイアリー怒涛の二日間!

スタッフブログが半年以上ぶりになってしまい、どのように始めたらいいかももはや忘れかけている、エンタメ事業部のならむらです。

今月は、AKB48グループにとってのビッグイベントである、第10回AKB48 世界選抜総選挙が開催されました!
モバイルサイトにおける投票の仕組みや、5月末のメールアプリのリリースと、5月から6月にかけては特にてんやわんやして、沢山の方にご協力をいただきながら、進めることができました。

イベント当日は会場であるナゴヤドームの方に伺って、開票前に行われるコンサートのレポートや、開票イベントでのメンバーの様子などを余すところなくレポートでお届けしております!

SKEモバイルをご覧ください!

また、翌日も同会場で行われた握手会に取材に行ってまいりました。
今回の一番の目的は、待受販売用にメンバーの皆さんに直筆メッセージをいただくことです。

握手会で忙しい間を縫ってご協力いただいたメンバーの皆さんには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
書いていただいたメッセージについては、メンバーのお写真と合成して、SKE48 Mobile上で配信中です!



ダウンロードはこちらから!

総選挙イベントや翌日の握手会でも、メンバーの皆さんの優しさ、ファンの皆さんの熱量に触れることができ、貴重な経験をさせていただきました。

スタッフダイアリー大阪出張

こんにちは。コンテンツ事業本部のタチバナです。

少し遡りますが朝日放送テレビ(ABC)のコンテンツ配信を手がける株式会社デジアサ様と4月より「たけしの家庭の医学」のサイト&アプリ、
6月より「ABCとり放題」のサイトのリニューアル及び、同社が運営を行っているauスマートパス®、AppPass®(アップ パス)、
App Store、Google Playにて展開するアプリに関しても開発、運営移管を行いました。

このお話は約1年ほど前から始まり準備を進めて来ましたが、リニューアルの準備を優先する為、
東京にも事務所があり、定期的に上京する機会も多い事から、直接の打合せはデジアサ様に来社頂いており、
大阪へ出向いてのご挨拶がまだだったのです。。。
※通常の打合せはSkypeなどを利用して行っています。
という事で、、、一旦リニューアルが完了し、運営も落ち着いてきたこのタイミングで
大阪へご挨拶と新しい取り組みのご提案へ伺うことにしました!



新幹線内でもノートPCを広げて黙々と仕事を始める面々
(奥で寝ているのは急に熱を出したメイン担当)



先方へのご提案の際にお見せするVRのデモ素材をチェック



大阪に到着!朝日放送テレビさんの社屋大きい!


朝日放送テレビさんの社屋に到着すると、まずはご挨拶と打ち合わせを行い、その後にこちらからのご提案をさせて頂きました。
かなり長めの打ち合わせが終わると、なんと局内を見学させて頂けることに!
諸々機密情報なども多いのでテラス以外の写真は撮れませんでしたが、緊迫した報道フロアや、
収録直後の収録ブース、生放送収録中のブースなども見せて頂き、その他にもラジオ局も同じ建物内にある為、
そちらも見せて頂きました!
仕事柄、テレビ局さんとはお付き合いが多く、収録に立ち会った事も何度かありますが、
一通りの設備などを含めたテレビ関連のすべてを一度に見せて頂く機会は初めてだったのでとても興味深い経験をさせて頂きました!

局の見学が終わると次は近所にあるデジアサさんの社屋に案内して頂き、
デジアサさんがご担当されている字幕放送の現場や機材の見学、どういった事をしているかなどの解説やデモンストレーションして頂き、
こちらからご提案した事やエムアップで出来る事と親和性がありそうな方々を片っ端からご紹介頂きました。

その後、一度お別れしホテルにチェックインして小一時間ほどメールチェックなどをした後、再び合流して会食へ!



ABCさんの食堂の奥にあるテラス。広い!!


北新地の焼肉屋さんで会食です!
とても美味しいお店でしたが、お話と食べるのに夢中で写真はありません。。。



北新地は焼肉やステーキなど肉関連のお店が多いようですね。
2次会は怪しいお店へ?周りが会員制のクラブなどでちょっと驚きましたが連れて行って頂いたところはオシャレなバーでした!

プライベートな話題から仕事の話まで、楽しくもお互いを深く知ることができた、とても良い会食となりました!

ご提案させて頂いた案件がいくつか気に入って頂けたので、そちらをガンガン進めつつ、また新しい提案をできるよう頑張っていこうと改めて感じた大阪出張になりました!

スタッフダイアリー春は韓国アーティスト来日の季節

アジアコンテンツ事業部のホンギです。

桜咲く暖かい季節とともに今年もたくさんの韓国アーティストが日本に訪れました。
特に3月1日には (株)THE STAR JAPANにて
今一番注目の6人組K-POPボーイズグループ「ASTRO」の日本公式ファンクラブをリニューアルオープン!
3月17日に森のホール21で開催されたファンミーティングで、総力をかけてFC入会プロモーションの展開したのが記憶に新しいですね。



5人態勢にも関わらず、かなりファンの方々をお待たせしてしまったFCブースの模様。
やっと落ち着いたところで写真撮影ができました。



4月には幕張メッセにて13・14・15の3日間、
K-POP コンサートや、K-DRAMA、K-MOVIE など、韓国の最新コンテンツを融合させ、
海外のファンに韓流の魅力を発信してきた世界最大級のコンベンション型フェスティバル
「KCON Japan2018」が開催されました。
今を時めくK-POPアーティストはもちろん、
これからブレークするであろう様々なアーティストに出会えた有益な時間になりました。
会場にはFCを運営させて頂いているVIXXの日本事務所と一緒にプロモーションブースを出させて頂き、
VIXXとその妹グループgugudanのグッズ販売やプロモーションを展開しました。



4月21日には公式モバイルを運営させて頂いている6人組韓国ガールズグループ「APRIL(エイプリル)」が
ついに日本デビュー!
豊洲PITにて、昼はマスコミ向けのショーケース、夜はファンミーティングが開催されました。
KARAの妹グループだけに、KARAのファンの方々からの根強い支持を受けていて
来日するたびに歌もパフォーマンスも日本語もレベルアップしています。
今後が非常に楽しみなアーティストなので、是非チェックしてみて下さい。



そして、5月2日・4日はパシフィコ横浜と神戸国際ホールにてVIXXのファンミーティングが。
会場にFC/モバイルブースを設置し、ゴールデンウイークはVIXXのメンバーと熱いファンの方々と一緒に汗を流して過ごしました。
今回はファンミーティングの模様を撮影した写真でMemorial Photocardも制作してFC限定商品として販売しました。
商品の詳細はこちら↓
https://lovevixx.com/shop/detail.php?id=VXGDFF001
https://lovevixx.com/shop/detail.php?id=VXGDFF002



最近の新しい発見は、恵比寿駅東口の街頭がビールジョッキの形していることです。
さすがビールの街、コンセプトをきちんと守っていますね。
些細なことですが、変わらない日常の清涼剤のように思えました。
今あるものにとどまらず、新しい発見が楽しめるサイト作りを心掛けたいところです。

スタッフダイアリー夏に向けて

こんにちは!

総務経理部のてらしまです。

あったか無かったかわからないような梅雨があけたとのことで、
夏になると途端に元気になる私は、
夏休みも目前に、ここ最近は毎日少し浮足立っているような気がします。

今日は、そんな夏を迎えるエムアップのイベント2つをご紹介します!


まず1つ目は、従業員みんなが待ち望んだ夏季休暇!
毎年6月は夏休みの予定を全従業員が設定をするタイミングです!

企業の夏休みと聞くと、
会社によっては一斉にお休みだったり、
はたまたそうではなかったり・・・
様々かとは思いますが、エムアップは後者にあたります。

というのも、
従業員の多くは様々な業務を抱えていること、
様々な企業様とのやり取りがあることから、
それぞれが好きなタイミングで休暇を取る!というルールになっています。

簡単に説明すると・・・
7月1日~9月30日の期間中、5日間夏休みが取得できます!

土日のお休みと繋げて大型連休にするも良し、
少しずつ単発でお休みを取るも良し、
もちろん業務の都合にもよりますが、
各々取りたいタイミングで夏休みを取得しています。

ちなみに私は大型連休にするタイプ。

昨年は、こちらのブログでも幾度となく紹介されている、
沖縄の保養所を利用させてもらいました。


▼昨年のブログはコチラ
夏休みのおもいで


他の従業員も、保養所を利用する人もいれば、
実家へ帰省したり、旅行に行ったりと、
夏休みの過ごし方は様々です。

私も8月に夏休みが控えておりますが、
早々に連日暑くなってもきたので、
週末にフライング夏休み気分を味わうべく、
さっそく毎年行く、大磯ロングビーチの前売り券を2枚ゲットしました!!!
※前売り券は爆安なのです。





これで最低2回はロングビーチへ行くことが確定したので、
いまからワクワクが止まりません。

猛暑日が楽しみです。笑


そして2つ目はエムアップ初のインターンシップ開催!!





猛暑となるであろう8月には、
エムアップで2020年卒向けのインターンシップが開催されます!!!

これがなんと初の試み★

リクナビ2020のサイトから学生のみなさんのエントリーを受け付けたのですが、
多くのご参加を受付させていただいきました!

エムアップのインターンシップへエントリーいただいた皆さま、
本当にありがとうございました!

ディレクター気分を味わうことができる1dayインターンシップは、
大変、大変ありがたいことに全日程満席状態です;;
本当にありがたいです…

インターンシップ担当のスタッフ達も、
学生のみなさんにどれだけ充実した時間を過ごしてもらうことができるか、
ということを考えて日々準備を進めております!

インターンシップ当日は、
“エムアップはこんな会社です!”と紹介をさせていただいた上で、
エムアップで働くディレクターの気分を味わえるカリキュラムを用意致します!
1日という短い時間ではありますが、
少しでもエムアップのことを知ってもらう機会になれば…と考えております。

また、この他にも技術職希望者向けの中期型インターンシップは随時募集を行っております。
こちらはWEBエンジニア・WEBデザイナーを志す学生のみなさん向けのインターンシップです。
こちらのインターンシップでは、1dayタイプとは全く異なり、
実際の職場に入っていただき、
従業員と同じように、WEBエンジニア・WEBデザイナーの業務を実際に体験していただくことができます!

これら、インターンシップの情報は、
リクナビ2020のサイト・エムアップの採用サイトに掲載がございます!


▼リクナビ2020はコチラ
https://job.rikunabi.com/2020/company/r437181042/

▼エムアップ採用サイトはコチラ
(事業の紹介や従業員のインタビュー掲載もあります☆)
https://recruit.m-up.com/newgrads/2019/


ぜひ合わせてこちらもご覧ください。


夏休みに、インターンシップに、と!多くのイベントが待ち構えている8月が、
今から本当に楽しみです!

学生のみなさんにも、
エムアップのインターンシップに参加することを楽しみにしてもらえたらな~と
切に願っている今日のこの頃…

このインターンシップの模様は、
また別の機会にお届けできたらなと思います!

ついでに、私の夏休み日記も機会があれば、
こっそりスタッフダイアリーに載せますね。笑


以上、総務経理部のてらしまでした!

スタッフダイアリー白虎隊、現代に現る。

白虎隊(びゃっこたい)とは、会津戦争に際して会津藩が組織した、16歳から17歳の武家の男子によって構成された部隊である。
中には志願して生年月日を改め15歳で出陣した者もいたほか、幼少組として13歳の少年も加わっていた。
幕末の会津藩が組織した部隊には他に玄武隊、朱雀隊、青龍隊などがある。名前の由来は、中国の伝説の神獣である「白虎」からである。
(Wikipediaより引用)

デザイナーのtagapです。
なぜ急に白虎隊なのかと。
今の大河は西郷どんだぞと。

知っています。
違うんです。
オスカープロモーションの若手俳優ユニット男劇団青山表参道Xの旗揚げ公演
「SHIRO TORA ~beyond the time~」
この舞台劇の題材が白虎隊なわけです。

今注目の若手俳優ユニット男劇団青山表参道Xのファンサイトですが、
弊社で制作・運営しております!


https://oscar-aox.jp

私がデザインをさせて頂いております。ありがとうございます。
その縁もあり、今回旗揚げ公演を観劇して参りました!ありがとうございます。



ここで舞台「SHIRO TORA ~beyond the time~」の簡単なあらすじをチェック。

『従来の白虎隊の悲しい男たちの物語と思いきや、今の時代に白虎隊がタイムスリップ、白虎隊が、廃部寸前の演劇部を救う!?』

・・・どんな舞台なのでしょう。


場所は若者の街、渋谷。
歩くだけでHPをガンガン消費するセンター街を抜けてたどり着く会場。
AiiA 2.5 Theater Tokyo。



どういうコンセプトで作ったんだろう?
なんか歯みたいだな、白い部分。あ、仮面舞踏会みたいのもある!
と職業柄なのかデザイン考察をしながらパシャリ。

会場に入ると若いかわいいキラキラ女子がいっぱいです。
大好きな人に会いに来たわけですから、よりかわいくしてきますよね。
年齢は違えど同じ女性。そこはかろうじてわかります。私もそれします。

ロビーでは物販に並んでグッズを買ったり、
ファンクラブ会員限定コンテンツが見られるコードを読み込んでいたり、
これから始まる舞台にワクワクしている声が聞こえたりします。

ちなみにですが、会場に貼っていたこのチラシとコードを読むと見られるページの作成をさせて頂きました。



各公演で見られる画像が違っていて、ファンの方を飽きさせないものになっていたかなと思います。

おっ、会場にチラシ張り出されている。嬉しいなと得意のおすまし顔で見ていたわけですが、
目の前でそのチラシのコードを読み込んでくれている女の子がいました。
この公演期間中、何人もの方が同じように読み込んでコンテンツを楽しんでくれていたんだろうなと思うと感慨深くなってしまいました。

観劇後の話でありますが、
近くの席の方々が、以前私が作成したチラシを指差してメンバーの話をしていたり、
サイトにアクセスして色々お話ししたりする光景も見ることができました。
こちらのシーンも考えさせられる場面でしたね。

私たちデザイナーは社内での作業が主で、
ディレクターの方々よりも、ファンの方やアーティストご本人とふれあう機会はあまりありません。
作成したチラシやグッズが実際どう使われていてどんな反応だったのか。喜んでもらえているといいな。と思うことはあっても、
仕事上で直接反応を見ることはほぼないのです。

なので、今回のようにファンの方々の実際のリアクションを見るということは私にとってとても貴重な体験です。
ファンの方々と男劇団青山表参道Xのつながりを深めるお手伝いが出来て良かったなと実感できのでしょう。
頭で理解していることにプラスして、実際に見て実感することができたなら、自分に対する説得力は増すのかもしれないなと思いました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて話を戻して会場の中へ。

肝心の舞台ですが、

かっ、かっこいい・・・。

まず思いつくのはこれですね。

みなさんお顔がかっこいいのは当然なので、これは置いとくとして。
得意の箇条書きスタイルでいきますが、

・踊りがかっこいい。
・殺陣がかっこいい。
・真剣な演技、かっこいい。

そして、そんな姿を間近で見るチャンスもある!というのがファンの方にはたまらないのではないでしょうか。
劇中、何度か客席で演技をしてくれる場面もあました。
席の前の通路をメンバーの方が通ったり、近距離で演技をされていたり。
あんな近くで見たらキュンとしない女の子はいないでしょうというくらいです。
女の子心をくすぐる憎い演出ですね。

だがしかし、かっこいいだけでは終わりません。
おもしろおかしなシーンもたくさんありました。
会場爆笑な場面は何度か。このメンバーはこういうキャラという予備知識があったらもっと楽しめたのかなと思う場面もありました。勉強しよう。
また、私が見た回はちょっとしたハプニングもあり、慌ててる感じが可愛らしくてニッコリしてしまいました。

かっこいい。おもしろい。
それだけで十分なところですが、まだありました。
泣かせてくれます。

クライマックスにさしかかり、シリアスな場面へ。
踊りも殺陣もなく、演技だけで魅せる部分です。
会場のいたるところですすり泣くような、鼻をすするような音が聞こえてきます。

演技で人の感情をひきこめるのってすごいですよね。
プロの方に言う言葉ではないかもしれませんが。
小学校の演劇部で、声はいいけど棒読みだねと言われた身としては尊敬しかないのです。
それはさておき、終盤の真面目な場面では私もジーンときてしまいました。魅せてくれます。
コミカルな場面からシリアスな場面まで楽しませて頂きました。

公演後はメンバーがハイタッチでお見送り。
帰るまでが「SHIRO TORA ~beyond the time~」です。

観劇を終えた帰り道。
余韻に浸りながらいろいろ考えていました。
その中で思ったことがあります。
白虎隊と彼ら青山表参道Xがどこか似ているなぁということです。
最後は自決してしまう彼らに似てるだなんて失礼な話です。
ですが似ているのはそこではないのです。

冒頭でも書いていますが、白虎隊は単独であった訳ではなく、
中国の四神が由来する年齢別に分けられた4つの隊のひとつでした。
その中でも最年少の若者たちの隊が白虎隊。
最後は自軍の天守閣が堕ちたと思い、集団自決をするという話はあまりにも儚く有名な話です。

会津の為に命をかけて戦った若者たち。
この部分が彼らと白虎隊が似ていると感じさせるのだと思います。

この公演にあたって真剣に稽古に取り組んでいる彼らの姿勢を見てきました。
前述通り、私自身が実際に稽古を見には行っていません。
ですが、ディレクターが何度か稽古を取材しに外出している姿もありました。
また、そこで撮ってきた画像を特典ページやチラシに載せる作業を私がさせて頂きました。
何枚もの真剣だったり、ゆるんで楽しそうだったりの稽古風景。

真面目に。
だけど若者らしく楽しく、みんなでこの公演の成功を作り上げていこうとしているのがひしひしと伝わってきたのでした。

白虎隊は、誇りを持ってこのお仕事をされている若手俳優のみなさん、
青山表参道Xの旗揚げ公演にぴったりの題材だったのだなと感じながら、帰路についたのでした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて少し戻って公演後。
劇団のリーダー栗山さんから会場の皆さんにお知らせがありました。

なんと青山表参道Xのカフェが期間限定でできるとのこと!
ファンの方々はいろいろ想像を膨らませながらその日を心待ちにしているに違いありません。

そして今回の旗揚げ公演「SHIRO TORA ~beyond the time~」DVDの発売が決定とのこと!
なにやら特典映像や先行予約特典もあるそうです。

そしてそして、ファンクラブ限定でのクルージングも開催!
簡単な詳細についてはこちらをご確認ください。


ファン歓喜の重大発表が盛りだくさんでございました。
そんな私も初耳のこの情報たちをリーダーからキャッチ。直に頂戴ありがたい!
これからサイトの方にも順次情報をアップして参ります。
楽しみに待っていて頂けると嬉しいです。

そんな青山表参道Xのオフィシャル&ファンサイトはこちら


ここで私オススメのコンテンツ「1shot」ご紹介。



メンバーのオフ顔やキメ顔、時にはドヤ顔などなど、
様々な角度からのメンバーが見られるコンテンツです。

会員じゃないと見えそうで見えない透かし具合。気になる・・・。
そうです、見たい心をくすぐるように作ったのです。申し訳ない!
でも本当は見て欲しいんです、切実に。

1shot以外にも青山表参道Xメンバーをよく知ってもらえるコンテンツはまだまだたくさんあります!
よく考えると、30人分の情報やコンテンツを月500円(税別)で見ることができるのってお得なのでは?
ディレクター気づいているのかしら。とりあえず黙っておくことにしましょうかね(笑)


前回のブログで感じた音楽を通したつながりとはまた違う、
ファンの方々とアーティスト(演技者)とのつながりを勉強できたと思います。
個人的にも仕事の一環としても、良い経験をまた一つさせてもらえた1日でした。
このつながりを深く知っていこうシリーズはこれからも自分の中で続いていきそうです。

素敵な舞台をありがとうございました。

スタッフダイアリーいろんなものが生まれた日

皆さんこんにちは!
コンテンツ事業本部のナカイです。

雨もしとしとと降り始め、東京も梅雨入り宣言されましたね。
暑い日や寒い日が交互に来て体調管理が難しくなってくるこの時期。
風邪には気をつけて過ごしていきたいところです。

前回ブログが2017年の11月(ダイヤモンドキッズカレッジに行ってきました!)ということで、あれから半年。私も社会人2年目となり、後輩も入ってきました。
※キラッキラな後輩たちの様子はコチラ!
エムアップのキラキラ感、増してます。
ようこそエンタメ事業部へ!

エンターテインメント事業本部でも歓迎会があったようですが、コンテンツ事業本部でも先日歓迎会がありまして、
そこで仕事だけでなくプライベートな面も垣間見え、後輩たちの人となりを知ることができ、
先輩としてより一層気を引き締めていかなければなと決意したのでした。(その様子もいつか公開されるかもしれません…!)

さて、そんな中で先日、色々な業界の人が集まり凌ぎを削る“あの”イベントが行われました。

そう…

「ドナルド・マクドナルド・ハウス支援 チャリティーリレーラン」です!
※前回のリレーの様子はコチラ!(モンキーマジック





前回同様1人~10人でチームを作り、3時間の間でタスキを渡してリレーしていく「3時間リレー」という種目に参加しました。

すっかりメディア会社様や広告代理店様、ゲーム会社様等の多種多様な職種の方たちと交流するイベントの1つとなったこのリレー。
我々もフレッシュな新卒を入れた5人でマラソンに挑みました。
当日の味の素スタジアムは快晴!
しかも気温も20℃前後と最高のマラソン日和に集ったメンバーを紹介します!

■チーム:まらそんフレンズ
村澤   株式会社エムアップ
小山田 株式会社七福神(元タップエンタテインメント)
塩野   C Channel株式会社
長谷部 Glossom株式会社
髙田   株式会社ファンコミュニケーションズ

■暗黒龍騎士団
村上 株式会社エムアップ
臼谷 タップジョイ・ジャパン株式会社
佐野 株式会社G-mode
泉   AdColony Japan
下田 株式会社ファンコミュニケーションズ

■出川組
佐藤 株式会社サイバーゲート(オールリライト)
村田 株式会社アイモバイル
笹川 株式会社エムアップ
椛島 C Channel株式会社
堆朱 株式会社ファンコミュニケーションズ

■漫・ガムラ
金田一 Unity Technologies Japan合同会社
丸山   株式会社ファンコミュニケーションズ
中井   株式会社エムアップ
宮澤   Glossom株式会社
早瀬   株式会社アイモバイル(maio)

■まっぷる!
伊藤 株式会社 昭文社
松井 株式会社サイバーゲート(オールリライト)※元
村田 Google
牛木 株式会社ファンコミュニケーションズ ※元 
大貫 株式会社エムアップ

の総勢25名で出場しました。

前回は大学を卒業してまだ半年だったため体力の貯金がありましたが、
今回は卒業から1年…頑張らねば走り切ることは出来ないな…と不安に思っていた時、当社の村澤が突然、

「なんと今日は中井くんの誕生日です!」

といい始め…





こうなってしまいました…。

そう、このチャリティーリレーランが開催された当日、本当に私の24歳の誕生日だったのです!(なんという運命のいたずら…)

これにより通常のタスキだけでなく、このド〇キに売っていそうなタスキもかけて走ることになったのです。
最初は晒し者じゃないか!と思っていたものの、元演劇部の血でしょうか。だんだんと楽しくなってきました。

走る前にまずは準備運動!
普段運動していない社会人の急な運動は命にかかわるため入念に行います。





今年の新卒、大貫は元野球部なだけあって準備運動も様になってますね!
ちなみに大貫はこの日のために毎朝5キロ走って調整してきたんだとか。偉いです…。

それに引き換え…





準備運動ですらこうなってしまう先輩…。
ちゃんと日ごろから運動しないとダメですね。

しっかりと準備運動をしたらいよいよチャリティリレーランの始まりです!





始まる前は、「体力は落ちているとはいえ、まぁ行けるでしょ!」という甘い考えが頭にあったのですが、
そんな考えは一瞬にして砕かれました…。





2周目。まだまだ元気が見えます。





3周目。顔に疲れが見え始めました。





4周目…。


前回のリレーから約半年しか経っていないのにこんなにきつくなっているなんて…。
体力の衰えに絶望していました…が、誕生日おめでとうタスキをかけているからか、
走っている最中におめでとう!と祝福の声がいたるところから降ってきたのです!
この声援に支えられ何とか走り切ることができました。(何様)

そんな中最後まで走り切った大貫。





まだまだ余裕そうな表情です!これが若さか!

ちなみに当社で最年長の参加者、村上はというと…





ゾンビのような眼をしています…。

「運動は定期的にしないとダメ。」という当たり前なことに気づかされた先輩たちでした。





最後に集合写真!
誕生日ということで「君が主役だ!」とセンターに陣取らせていただきました!

その後はついに打ち上げです!





楽しくお酒を飲みつつ、会話もお仕事の話から趣味の話まで短い時間ではありましたが楽しい時間を過ごすことができました。
さらには同年代と知り飲みに行く約束をするくらい仲良くなった人も!
この繋がりを大切にしていきたいと思います。
そして…打ち上げ会場でも誕生日をお祝いしていただきました!





なんだか今日人生で一番祝われている気がします(笑)


ナカイの生まれた日。
チャリティイベントを通じて、たくさんの人と交流が“生まれ”、新たに関係が“生まれ”ました。

新生ナカイの活躍をご期待ください!

それでは!