スタッフダイアリーようこそ。この世界へ

デジタル出版事業部の坂井です。私事で恐縮ですが、つい先日、子供が生まれました。今回はそこで僕が何を見て、何を感じたのか、お伝えしたいと思います。

昨年夏の妊娠判明からずーっと楽しみにしていた我が子との対面ですが、じつは予定日より3週間早く出てきてしまったため、準備万端とはいかずオロオロしながら出産を迎えました。

月曜日の朝、家を出て駅へ向かう途中に「破水した」という知らせを受けて、その日は急きょお休みをいただき、嫁はそのまま入院。翌日の朝から陣痛が始まり、無事に我が子に会うことができました。



いろんな選択肢がある中で、我が家は立ち会い出産を選択しました。

女性が出産で感じる痛みは、よく比喩で「鼻からスイカが出るくらい」「骨盤をハンマーでガンガンやられるような」「ボブ・サップに10時間殴られているような感じ」とか言われていますが、残念ながら男性の私には感じることもできません。

いくら想像してみても、実際の痛みには届かない、文字通り想像を絶する痛みです。妻がその痛みに耐えている横で、手を握り、腰をさすり、声を掛けることしかできませんでした。

出産において、男は本当に無力な存在です。できることは多くありません。嫁は一人でいる時に陣痛が始まり、不安で仕方がなかったそうです。こんな無力な男でも、横にいるだけで落ち着くと言われました。

中腰の体勢で長時間腰をさすり続けるのは体力的にはキツい部分もありますが、女性に比べれば遥かに楽。いよいよ出てくる段階になると助産師さんの数も増え、緊迫した空気が分娩室に張り詰めます。我が子が取り上げられた瞬間、それが一気に安堵へと変わりました。



10ヶ月待ち続け、超音波やMRIでしか見ることができなかった我が子との対面は、ある程度覚悟はしていましたが、あふれる涙が止まりません。この高揚感は他では感じたことがない、味わえない種類のものでした。思い出すだけで泣けます。

何日か有給休暇を頂きましたが、同部署のメンバーの心強いサポートもあり、大きな穴を開けずに済みました。少人数の部署ではありますが、チームワークの大切さを再認識した数日間でもありました。

ふと気がつけば、いまは子供のことばかり考えています。自分の変化に自分が一番驚いていますが、それがきっと子供の持つパワーなのでしょう。将来はどんなふうに育つのか、楽しみで仕方ない日々です。