ニュース

ラッパー/シンガー「ちゃんみな」 OFFICIAL FANCLUBオープンのお知らせ

EMTG株式会社は、ラッパー/シンガー「ちゃんみな」のOFFICIAL FANCLUB(以下、本サイト)を2019年12月2日(月)にオープンいたしました。

本サイトでは、STAFF BLOG、MOVIE、バースデーメールなど、ここでしか見る事のできないコンテンツが満載です。
また、プレゼントやチケットの最速先行販売なども随時予定しております。是非、この機会にチェックしてください。

▼ちゃんみな OFFICIAL FANCLUB
サービス概要 

URL: https://sp.chanmina.com/
(スマートフォン専用サイト) 
開始日:2019年12月2日(月)

▼会費
[スマートフォン] 月額400円+税
※docomo、au、Softbank、クレジットカード決済に対応

▼対応OS・ブラウザ
iOS:10.0以上、Safariの最新版
Android:5.0以上、Androidブラウザまたは
Google Chromeの最新版
※タブレット端末、ガラホ(テンキーの付いたスマートフォン)、
 らくらくスマートフォンは非対応となります。



▼「ちゃんみな OFFICIAL FANCLUB」
会員限定コンテンツ一覧 
□「TICKET」
ライブのチケット最速先行や優先チケットの受付を実施!
□「STAFF BLOG」
ちゃんみなの舞台裏をお届けするSTAFF BLOGです!
□「MOVIE」
ここでしか見られない会員限定動画を配信!
□「PRESENT」
サイン入りグッズなどを会員限定でプレゼントします!
□「BIRTHDAY MAIL」
あなたの誕生日をちゃんみながお祝いします!



▼ライブ・ツアー情報
2019.12.12
THE PRINCESS PROJECT 4 [追加公演・東京]

11月に開催した自身初のホールツアー「THE PRINCESS PROJECT 4」のチケットが9月7日10時の一般発売後約30分で完売となったことを受けて、2019年12月12日(木) に東京・昭和女子大学人見記念講堂にて追加公演を開催することが急遽決定しました!!

【公演概要】
「THE PRINCESS PROJECT 4」 追加公演
日程:2019年12月12日(木)
会場:昭和女子大学人見記念講堂
開場:18:00
開演:18:30
料金:前売り:¥5,800(税込)
*全席指定 / 3歳以上チケット必要 / ドリンクなし

☆チケット発売中!
チケット申し込み:http://l-tike.com/chanmina/

問合せ:クリエイティブマン
tel.03-3499-6669 (平日12:00-18:00)
http://www.creativeman.co.jp

【ちゃんみなプロフィール】



日本語、韓国語、英語を巧みに操るトリリンガルラッパー/シンガー。
幼少期よりピアノやバレエ、ダンス、歌を始める。作詞作曲のみならず、トラック制作、ダンスの振り付けなど全てをセルフ・プロデュースで行い、アーティスト活動をスタート。
高校2年生時に制作した「未成年 feat. めっし」、「Princess」が高く評価され一躍注目を集め、2017年2月に「FXXKER」でメジャー・デビュー。
代表楽曲にもなった「LADY」、「CHOCOLATE」は、iTunes HIP HOP / RAPチャート1位、LINE MUSICで1位を獲得し、「CHOCOLATE」においてはYouTubeでのMVの再生回数が1,000万回を突破した。

2018年9月、ワーナーミュージック・ジャパンへ移籍。
同月に発売した移籍第一弾シングル「Doctor」は、LINE MUSICで最高2位を獲得し、その風刺的な歌詞と独特な振り付けで、国内外から称賛を受けた。
同年11月には、自身が20歳になる直前の想いを綴った「PAIN IS BEAUTY」を発売し、LINE MUSICで最高3位を獲得。

2019年に入ると、日本語、英語、韓国語での歌唱に初挑戦した「I'm a Pop」を発売し、キャリア初となる東阪Zeppツアーを行う。
同年4月、国内女性ソロアーティストとして初、「モンスターエナジー」とスポンサーシップを締結し、同年5月には、MTV Asia制作、アジア版「Yo! MTV Raps」に日本人アーティストとして初めて出演を果たす。
同年8月、2ndフルアルバム『Never Grow Up』を発売すると、LINE MUSICのアルバムランキングでデイリー、ウィークリーともに1位を獲得し、iTunes、Apple Musicともに総合3位にランクインした。

2年連続でROCK IN JAPAN、3年連続でSUMMER SONICへの出演を果たすなど、
国内外問わず、同年代から圧倒的な支持を受ける、今最も注目すべき若手アーティストの一人である。